== Text ==
== Text ==
<div class="clannadbox">
<pre>
<pre>
// Resources for SEEN0711.TXT
// Resources for SEEN0711.TXT
// #character '智代'
// #character '智代'
#character 'Tomoyo'
#character 'Tomoyo'
// #character '朋也'
// #character '朋也'
#character 'Tomoya'
#character 'Tomoya'
// #character 'とも'
// #character 'とも'
#character 'Tomo'
#character 'Tomo'
// #character '鷹文'
// #character '鷹文'
#character 'Takafumi'
#character 'Takafumi'
// #character '母親'
// #character '母親'
#character 'Mother'
#character 'Mother'
// #character 'クマ'
// #character 'クマ'
#character 'Bear'
#character 'Bear'
// #character 'パンダ'
// #character 'パンダ'
#character 'Panda'
#character 'Panda'
// <0000> 7月11日(日)
// <0000> 7月11日(日)
<0000> July 11th (Sun)
<0000> July 11th (Sun)
// <0001> 昼食を食べ終えると、智代は俺と鷹文を表まで連れ出した。
// <0001> 昼食を食べ終えると、智代は俺と鷹文を表まで連れ出した。
<0001> Once we were done eating lunch, Tomoyo took Takafumi and I outside.
<0001> When we finish lunch, Tomoyo takes Takafumi and me outside.
// <0002> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
// <0002> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0002> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?"
<0002> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along now?"
// <0003> そして唐突にそんなことを言い出す。
// <0003> そして唐突にそんなことを言い出す。
<0003> Tomoyo says such a thing, out of the blue.
<0003> Tomoyo speaks out of the blue.
// <0004> \{朋也}「あのな、とも」
// <0004> \{朋也}「あのな、とも」
<0004> \{Tomoya}"Say, Tomo."
<0004> \{Tomoya}"Say, Tomo."
// <0005> 翌朝。朝食の場で俺は切り出す。
// <0005> 翌朝。朝食の場で俺は切り出す。
<0005> The next day. At breakfast, I break the ice.
<0005> At breakfast, I break the ice.
// <0006> \{とも}「うん」
// <0006> \{とも}「うん」
<0006> \{Tomo}"Uh-huh."
<0006> \{Tomo}"Uh huh?"
// <0007> トーストを食べながら上目遣いでこっちを見る。
// <0007> トーストを食べながら上目遣いでこっちを見る。
<0007> She looks at me with upturned eyes while eating toast.
<0007> She looks at me with upturned eyes while eating toast.
// <0008> \{智代}「………」
// <0008> \{智代}「.........」
<0008> \{Tomoyo}"........."
<0008> \{Tomoyo}"..."
// <0009> そのあどけなさとは対照的に、口を固く結び耐える表情の智代。
// <0009> そのあどけなさとは対照的に、口を固く結び耐える表情の智代。
<0009> In contrast to her innocence, is Tomoyo wearing an expression of endurance with lips sealed tight.
<0009> In contrast to Tomo's innocence, Tomoyo wears an expression of endurance, her lips sealed tight.
// <0010> \{朋也}「ママに会いたいか」
// <0010> \{朋也}「ママに会いたいか」
<0010> \{Tomoya}"Do you want to meet Mama?"
<0010> \{Tomoya}"Do you want to meet Mama?"
// <0011> ともは智代を指さす。
// <0011> ともは智代を指さす。
<0011> Tomo points at Tomoyo.
<0011> Tomo points at Tomoyo.
// <0012> \{とも}「ママー」
// <0012> \{とも}「ママー」
<0012> \{Tomo}"Mama."
<0012> \{Tomo}"Mama."
// <0013> 俺は首を振る。
// <0013> 俺は首を振る。
<0013> I shake my head.
<0013> I shake my head.
// <0014> \{朋也}「とものママ」
// <0014> \{朋也}「とものママ」
<0014> \{Tomoya}"Your mama, Tomo."
<0014> \{Tomoya}"Your mama, Tomo."
// <0015> \{とも}「………」
// <0015> \{とも}「.........」
<0015> \{Tomo}"........."
<0015> \{Tomo}"..."
// <0016> 驚きに目が大きく開かれる。かじりかけのトーストをちゃぶ台に落とす。智代がそれをお皿に戻す。
// <0016> 驚きに目が大きく開かれる。かじりかけのトーストをちゃぶ台に落とす。智代がそれをお皿に戻す。
<0016> Her eyes widen in surprise. The toast she had in her mouth falls onto the table. Tomoyo puts it back on the plate.
<0016> Her eyes widen in surprise. The toast she had in her mouth falls onto the table. Tomoyo puts it back on her plate.
// <0017> \{とも}「…いるの?」
// <0017> \{とも}「...いるの?」
<0017> \{Tomo}"...Is she here?"
<0017> \{Tomo}"...Is she here?"
// <0018> \{朋也}「ここにはいない」
// <0018> \{朋也}「ここにはいない」
<0018> \{Tomoya}"Not here."
<0018> \{Tomoya}"Not here."
// <0019> \{朋也}「でも約束してあるから、今日会える」
// <0019> \{朋也}「でも約束してあるから、今日会える」
<0019> \{Tomoya}"But, we made a promise, so today you can meet her."
<0019> \{Tomoya}"But we made a promise, so you can meet her today."
// <0020> \{朋也}「ともは会いたいか?」
// <0020> \{朋也}「ともは会いたいか?」
<0020> \{Tomoya}"Do you want to, Tomo?"
<0020> \{Tomoya}"Do you want to, Tomo?"
// <0021> ぶんぶんと縦に頷いた。
// <0021> ぶんぶんと縦に頷いた。
<0021> She nodded eagerly.
<0021> She nods eagerly.
// <0022> それは何も考えていない、本能からくる返答だった。
// <0022> それは何も考えていない、本能からくる返答だった。
<0022> It was a reply not from consideration, but from her instincts.
<0022> It's a reply, not from contemplation, but from instinct.
// <0023> そこに待つ辛さなど微塵も予測していない。
// <0023> そこに待つ辛さなど微塵も予測していない。
<0023> She couldn't foresee how painful it would be when she finally reunite with her mother.*
<0023> She can't know how painful it would be if she reunites with her mother.
// <0024> できるはずない。こんな小さな子に。
// <0024> できるはずない。こんな小さな子に。
<0024> It ought to be impossible for such a small child to experience this.
<0024> A child as young as she is shouldn't have to experience this.
// <0025> でもそれを突きつけなければいけない。
// <0025> でもそれを突きつけなければいけない。
<0025> But she has to get through this.
<0025> But she has to get through it.
// <0026> じゃないと前に進めない。
// <0026> じゃないと前に進めない。
<0026> If she doesn't, she can't move on in life.
<0026> If she doesn't, she can't move on.
// <0027> いつか振り切るために。
// <0027> いつか振り切るために。
<0027> She needs to let it go some day.
<0027> She'll need to let it go someday.
// <0028> 午後になると俺たちは支度を始める。
// <0028> 午後になると俺たちは支度を始める。
<0028> When it becomes after noon, we start getting ready.
<0028> In the afternoon, we start getting ready.
// <0029> ともには幼稚園の制服を着せた。
// <0029> ともには幼稚園の制服を着せた。
<0029> We put the kindergarten uniform on Tomo.
<0029> We dress Tomo in her kindergarten uniform.
// <0030> 智代が正装をと、そう提案した。
// <0030> 智代が正装をと、そう提案した。
<0030> Tomoyo suggested that we'd be properly dressed.
<0030> Tomoyo suggested we should dress properly.
// <0031> 智代も、学生服を着た。
// <0031> 智代も、学生服を着た。
<0031> Tomoyo as well, wore a school uniform.
<0031> Tomoyo wears her school uniform.
// <0032> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
// <0032> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
<0032> I changed my clothes as well after being instructed by Tomoyo to be as respectable as possible.
<0032> I change my clothes as well. Tomoyo told me to look as respectable as possible.
// <0033> \{朋也}「じゃあ、鷹文、留守番よろしく」
// <0033> \{朋也}「じゃあ、鷹文、留守番よろしく」
<0033> \{Tomoya}"Then, Takafumi, take good care of the room/house."
<0033> \{Tomoya}"Takafumi, take good care of the house."
// <0034> \{鷹文}「ああ、がんばってきてよ」
// <0034> \{鷹文}「ああ、がんばってきてよ」
<0034> \{Takafumi}"I will, good luck."
<0034> \{Takafumi}"I will. Good luck."
// <0035> \{智代}「うん…いこう」
// <0035> \{智代}「うん...いこう」
<0035> \{Tomoyo}"Thanks... Let's go."
<0035> \{Tomoyo}"Thanks. Let's go."
// <0036> 智代がともの手を取る。
// <0036> 智代がともの手を取る。
<0036> Tomoyo takes Tomo's hand.
<0036> Tomoyo takes Tomo's hand.
// <0037> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
// <0037> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
<0037> The meeting place is the park next to the apartment block where Tomo lived.
<0037> We agreed to meet in the park next to the apartment complex where Tomo lived.
// <0038> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
// <0038> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
<0038> Since we came here ahead of time, we ended up waiting on a bench for a while.
<0038> Since we came here early, we end up waiting on a bench for a while.
// <0039> 智代は忙しなく時計と周りを交互に見ていた。
// <0039> 智代は忙しなく時計と周りを交互に見ていた。
<0039> Tomoyo was restlessly watching the clock and the surroundings alternately.
<0039> Tomoyo restlessly watches the clock and keeps an eye on our surroundings.
// <0040> 会話はない。
// <0040> 会話はない。
<0040> There was no conversation.
<0040> There is no conversation.
// <0041> ただじっと待ち続けた。
// <0041> ただじっと待ち続けた。
<0041> We just continued to wait patiently.
<0041> We just continue to wait patiently.
// <0042> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
// <0042> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
<0042> A parasol identical to yesterday. It comes into sight.
<0042> The same parasol I saw yesterday comes into sight.
// <0043> \{朋也}「おでましだ」
// <0043> \{朋也}「おでましだ」
<0043> \{Tomoya}"She is finally here"
<0043> \{Tomoya}"She's finally here."
// <0044> \{智代}「どれだ…あれか…?」
// <0044> \{智代}「どれだ...あれか...?」
<0044> \{Tomoyo}"What... That...?"
<0044> \{Tomoyo}"Who's... that...?」
// <0045> 日傘が近づいてくる。
// <0045> 日傘が近づいてくる。
<0045> The parasol approaches.
<0045> The parasol approaches.
// <0046> 智代ももうそれだと気づいている。
// <0046> 智代ももうそれだと気づいている。
<0046> Tomoyo had finally realized who I am talking about.*
<0046> Tomoyo finally realises who I'm talking about.
// <0047> 俺たちは立ち上がって待つ。
// <0047> 俺たちは立ち上がって待つ。
<0047> We stood up and wait.
<0047> We stand and wait.
// <0048> 日傘が畳まれる。
// <0048> 日傘が畳まれる。
<0048> The parasol closed.
<0048> The parasol closes.
// <0049> 現れたのはともの母親。
// <0049> 現れたのはともの母親。
<0049> The one who emerges, is Tomo's mother.
<0049> Behind it is Tomo's mother.
// <0050> 穏やかな表情をしていた。
// <0050> 穏やかな表情をしていた。
<0050> She had a gentle expression.
<0050> She has a gentle expression.
// <0051> 写真に近い。優しい母親の顔。
// <0051> 写真に近い。優しい母親の顔。
<0051> It's close to the photo. She had the face of a kind mother.
<0051> She looks much like she did in the photo. She has the face of a kind mother.
// <0052> なんで…どうして…
// <0052> なんで...どうして...
<0052> Why... What for...
<0052> Why... what for...?
// <0053> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
// <0053> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
<0053> She can do such a facial expression, and yet she can abandon her.
<0053> She looks so kind, yet she can abandon Tomo.
// <0054> …俺にはわからない。
// <0054> ...俺にはわからない。
<0054> ...I don't get it.
<0054> ...I don't get it.
// <0055> ともが駆け寄ろうとした。
// <0055> ともが駆け寄ろうとした。
<0055> Tomo tried to rush over to her.
<0055> Tomo tries to rush over to her.
// <0056> けど、智代が手を握っていた。
// <0056> けど、智代が手を握っていた。
<0056> However, Tomoyo was holding her hand.
<0056> But Tomoyo is holding her hand.
// <0057> ともはそれでも駆け寄ろうとした。
// <0057> ともはそれでも駆け寄ろうとした。
<0057> Even so, Tomo tried to rush over.
<0057> Even so, Tomo keeps trying to reach her.
// <0058> 智代が手を離す。
// <0058> 智代が手を離す。
<0058> Tomoyo finally let go of Tomo's hand.
<0058> Tomoyo finally lets go of Tomo's hand.
// <0059> ともが母親の元へ駆ける。
// <0059> ともが母親の元へ駆ける。
<0059> Tomo runs to her mother's side.
<0059> Tomo runs to her mother's side.
// <0060> その腰に抱きつく。
// <0060> その腰に抱きつく。
<0060> And wrapped her arms around her mother's waist.*
<0060> She wraps her arms around her mother's waist.
// <0061> 母親は娘の頭を撫でた。
// <0061> 母親は娘の頭を撫でた。
<0061> The mother stroked the daughter's face.
<0061> Her mother strokes her face.
// <0062> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
// <0062> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
<0062> They did so for a while, basking in the sunlight.
<0062> They continue for a while, basking in the sunlight.
// <0063> ともは安心しきった横顔でいた。
// <0063> ともは安心しきった横顔でいた。
<0063> Tomo's face shows an expression of serenity.
<0063> On Tomo's face is an expression of serenity.
// <0064> あんな顔を俺たちは知らない。
// <0064> あんな顔を俺たちは知らない。
<0064> The expression Tomo shown is unknown to us.
<0064> We've never seen her like this before.
// <0065> \{母親}「とも」
// <0065> \{母親}「とも」
<0065> \{Mother}"Tomo."
<0065> \{Mother}"Tomo."
// <0066> 母親が口を開く。
// <0066> 母親が口を開く。
<0066> The mother opens her mouth.
<0066> Her mother opens her mouth.
// <0067> 声も柔らかだった。
// <0067> 声も柔らかだった。
<0067> Her voice was gentle.
<0067> Her voice is gentle.
// <0068> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
// <0068> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
<0068> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
<0068> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
// <0069> \{母親}「ごめんね、とも」
// <0069> \{母親}「ごめんね、とも」
<0069> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
<0069> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
// <0070> \{母親}「これからの幸せを…」
// <0070> \{母親}「これからの幸せを...」
<0070> \{Mother}"I wish you..."
<0070> \{Mother}"I wish for you..."
// <0071> \{母親}「祈ってます」
// <0071> \{母親}「祈ってます」
<0071> \{Mother}"Happiness in the future."
<0071> \{Mother}"...to have happiness in the future."
// <0072> …え。
// <0072> ...え。
<0072> ...Eh.
<0072> ...Eh.
// <0073> 手が離れる。
// <0073> 手が離れる。
<0073> She takes her hands off her.
<0073> She takes her hands off Tomo.
// <0074> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
// <0074> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
<0074> Leaving her a kind smile, the mother turns her back on her.
<0074> Leaving with a kind smile, her mother turns away.
// <0075> 日傘を差して、歩いていく。
// <0075> 日傘を差して、歩いていく。
<0075> She opens the parasol, and walks away.
<0075> She opens the parasol and walks away.
// <0076> 遠ざかっていく。
// <0076> 遠ざかっていく。
<0076> She slowly fades in the distance.
<0076> She slowly fades in the distance.
// <0077> 呆然と立ちつくす、とも。
// <0077> 呆然と立ちつくす、とも。
<0077> Tomo stands still, dumbfounded.
<0077> Tomo stands still, dumbfounded.
// <0078> その手が宙に浮いていた。
// <0078> その手が宙に浮いていた。
<0078> Her hands were floating in the air.
<0078> Her hands are still hanging in the air.
// <0079> 母親を抱いていた手が。
// <0079> 母親を抱いていた手が。
<0079> They had been embracing the mother.
<0079> They'd been embracing her mother only a minute ago.
// <0080> ざっ、と土を蹴る音。
// <0080> ざっ、と土を蹴る音。
<0080> The sound of dirt being kicked up.
<0080> I hear the sound of dirt being kicked up.
// <0081> 智代が駆けていた。
// <0081> 智代が駆けていた。
<0081> Tomoyo was running.
<0081> Tomoyo is running.
// <0082> ともの体を抱いて、その手を握る。
// <0082> ともの体を抱いて、その手を握る。
<0082> She embraces Tomo's body, and grasps her hand(s).
<0082> She embraces Tomo and grasps her hands.
// <0083> \{智代}「もう、終わりだっ…」
// <0083> \{智代}「もう、終わりだっ...」
<0083> \{Tomoyo}"It's over now...!"
<0083> \{Tomoyo}"It's over now..."
// <0084> \{智代}「とものつらいこと、ぜんぶ終わったから…」
// <0084> \{智代}「とものつらいこと、ぜんぶ終わったから...」
<0084> \{Tomoyo}"All of your painful memories are over, Tomo..."
<0084> \{Tomoyo}"All of your painful memories are over, Tomo..."
// <0085> \{智代}「これからは楽しいことだけが待ってるから…」
// <0085> \{智代}「これからは楽しいことだけが待ってるから...」
<0085> \{Tomoyo}"From now on, there will be only fun things waiting..."
<0085> \{Tomoyo}"From now on, there will be only fun things ahead..."
// <0086> \{智代}「私と過ごす毎日が待ってるから…」
// <0086> \{智代}「私と過ごす毎日が待ってるから...」
<0086> \{Tomoyo}"Days you'll spend together with me will be waiting..."
<0086> \{Tomoyo}"Days you'll spend with me are waiting..."
// <0087> \{智代}「絶対それは楽しいから…」
// <0087> \{智代}「絶対それは楽しいから...」
<0087> \{Tomoyo}"It's definitely going to be fun..."
<0087> \{Tomoyo}"It's definitely going to be fun..."
// <0088> \{智代}「な、とも…」
// <0088> \{智代}「な、とも...」
<0088> \{Tomoyo}"Okay, Tomo...?"
<0088> \{Tomoyo}"OK, Tomo...?」
// <0089> \{智代}「だから…もう安心しろ…」
// <0089> \{智代}「だから...もう安心しろ...」
<0089> \{Tomoyo}"So... rest easy now..."
<0089> \{Tomoyo}"So... rest easy..."
// <0090> \{智代}「不安なことなんてなにもない…」
// <0090> \{智代}「不安なことなんてなにもない...」
<0090> \{Tomoyo}"There will be nothing to worry about..."
<0090> \{Tomoyo}"There's nothing to worry about..."
// <0091> \{智代}「後は全部楽しいから…」
// <0091> \{智代}「後は全部楽しいから...」
<0091> \{Tomoyo}"The rest will all be fun..."
<0091> \{Tomoyo}"We're going to have lots of fun..."
// <0092> \{智代}「な、とも…」
// <0092> \{智代}「な、とも...」
<0092> \{Tomoyo}"Okay, Tomo...?"
<0092> \{Tomoyo}"OK, Tomo...?」
// <0093> …終わった。
// <0093> ...終わった。
<0093> ...The life of a parent and child.
<0093> The life of mother and child...
// <0094> 親子の生活が。
// <0094> 親子の生活が。
<0094> Was over.
<0094> ...is over.
// <0095> そして始まる。
// <0095> そして始まる。
<0095> And a new life.
<0095> And a new life...
// <0096> 新しい生活が。
// <0096> 新しい生活が。
<0096> Will begin.
<0096> ...will begin.
// <0097> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
// <0097> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0097> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?"
<0097> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along?"
// <0098> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
// <0098> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
<0098>After being instructed by Tomoyo, I too changed my clothes to be as respectable as possible.
<0098> As instructed by Tomoyo, I too change my clothes to look as respectable as possible.
// <0099> \{朋也}「じゃあ、留守番よろしく」
// <0099> \{朋也}「じゃあ、留守番よろしく」
<0099> \{Tomoya}"Then, take good care of the house."
<0099> \{Tomoya}"Take good care of the house."
// <0100> 俺はともの手を取る。
// <0100> 俺はともの手を取る。
<0100> I take Tomo's hand.
<0100> I take Tomo's hand.
// <0101> \{智代}「うん…」
// <0101> \{智代}「うん...」
<0101> \{Tomoyo}"Ok..."
<0101> \{Tomoyo}"OK..."
// <0102> 智代は重苦しい顔で俺たちを見送った。
// <0102> 智代は重苦しい顔で俺たちを見送った。
<0102> Tomoyo saw us off with a somber face.
<0102> Tomoyo sees us off with a somber face.
// <0103> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
// <0103> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
<0103> The meeting place is the park next to the apartment block where Tomo lived.
<0103> The meeting place is the park next to the apartment complex where Tomo lived.
// <0104> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
// <0104> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
<0104> Since we came here ahead of time, we ended up waiting on a bench for a while.
<0104> Since we came here early, we end up waiting on a bench for a while.
// <0105> ともも遊び道具には目もくれず、大人しく座って待っていた。
// <0105> ともも遊び道具には目もくれず、大人しく座って待っていた。
<0105> Tomo didn't take heed to the playthings either, and was quietly sitting and waiting.
<0105> Tomo doesn't pay attention to her playthings. She just sits quietly and waits.
// <0106> 母親のことで頭がいっぱいなのだろう。
// <0106> 母親のことで頭がいっぱいなのだろう。
<0106> I wondered if she's thinking about her mother.
<0106> I wonder if she's thinking about her mother.
// <0107> 会話はない。
// <0107> 会話はない。
<0107> There is no conversation between us.
<0107> There's no conversation between us.
// <0108> ただじっと待ち続けた。
// <0108> ただじっと待ち続けた。
<0108> We continued to wait patiently.
<0108> We just continue to wait patiently.
// <0109> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
// <0109> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
<0109> A parasol identical to yesterday. It comes into sight.
<0109> A parasol identical to the one from yesterday comes into sight.
// <0110> おでましだ。
// <0110> おでましだ。
<0110> She appears.
<0110> She's here.
// <0111> 日傘が近づいてくる。
// <0111> 日傘が近づいてくる。
<0111> The parasol approaches.
<0111> The parasol approaches.
// <0112> 俺たちは立ち上がって待つ。
// <0112> 俺たちは立ち上がって待つ。
<0112> We stand up and wait.
<0112> We stand and wait.
// <0113> 日傘が畳まれる。
// <0113> 日傘が畳まれる。
<0113> The parasol closed.
<0113> The parasol closes.
// <0114> 現れたのはともの母親。
// <0114> 現れたのはともの母親。
<0114> The one who emerges, is Tomo's mother.
<0114> Behind it is Tomo's mother.
// <0115> 穏やかな表情をしていた。
// <0115> 穏やかな表情をしていた。
<0115> She wore a gentle expression.
<0115> She has a gentle expression.
// <0116> 写真に近い。優しい母親の顔。
// <0116> 写真に近い。優しい母親の顔。
<0116> It's close to the photo. The face of a kind mother.
<0116> She looks much like she did in the photo. She has the face of a kind mother.
// <0117> なんで…どうして…
// <0117> なんで...どうして...
<0117> Why... What for...
<0117> Why... what for...?
// <0118> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
// <0118> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
<0118> She can do such a facial expression, and yet she can abandon her.
<0118> She looks so kind, yet she can abandon Tomo.
// <0119> …俺にはわからない。
// <0119> ...俺にはわからない。
<0119> ...I don't get it.
<0119> ...I don't get it.
// <0120> ともが母親の元へ駆ける。
// <0120> ともが母親の元へ駆ける。
<0120> Tomo runs to her mother's side.
<0120> Tomo runs to her mother's side.
// <0121> その腰に抱きつく。
// <0121> その腰に抱きつく。
<0121> And wraps her arms around her mother's waist.*
<0121> And wraps her arms around her mother's waist.
// <0122> 母親は娘の頭を撫でた。
// <0122> 母親は娘の頭を撫でた。
<0122> The mother stroked the daughter's face.
<0122> Her mother strokes her face.
// <0123> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
// <0123> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
<0123> They did so for a while, basking in the sunlight.
<0123> They do that for a while, basking in the sunlight.
// <0124> ともは安心しきった横顔でいた。
// <0124> ともは安心しきった横顔でいた。
<0124> Tomo's face shows an expression of serenity.
<0124> On Tomo's face is an expression of serenity.
// <0125> あんな顔を俺たちは知らない。
// <0125> あんな顔を俺たちは知らない。
<0125> The expression Tomo shown is unknown to us.
<0125> We've never seen her look like this before.
// <0126> \{母親}「とも」
// <0126> \{母親}「とも」
<0126> \{Mother}"Tomo."
<0126> \{Mother}"Tomo."
// <0127> 母親が口を開く。
// <0127> 母親が口を開く。
<0127> The mother opens her mouth.
<0127> Her mother opens her mouth.
// <0128> 声も柔らかだった。
// <0128> 声も柔らかだった。
<0128> Even her voice was gentle.
<0128> Her voice is gentle.
// <0129> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
// <0129> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
<0129> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
<0129> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
// <0130> \{母親}「ごめんね、とも」
// <0130> \{母親}「ごめんね、とも」
<0130> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
<0130> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
// <0131> \{母親}「これからの幸せを…」
// <0131> \{母親}「これからの幸せを...」
<0131> \{Mother}"I wish you..."
<0131> \{Mother}"I wish for you..."
// <0132> \{母親}「願ってます」
// <0132> \{母親}「願ってます」
<0132> \{Mother}"Happiness in the future."
<0132> \{Mother}"...to have happiness in the future."
// <0133> …え。
// <0133> ...え。
<0133> ...Eh.
<0133> ...Eh.
// <0134> 手が離れる。
// <0134> 手が離れる。
<0134> She takes her hands off her.
<0134> She takes her hands off Tomo.
// <0135> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
// <0135> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
<0135> Leaving her a kind smile, the mother turns her back on her.
<0135> Leaving with a kind smile, her mother turns away.
// <0136> 日傘を差して、歩いていく。
// <0136> 日傘を差して、歩いていく。
<0136> She opens the parasol, and walks away.
<0136> She opens the parasol and walks away.
// <0137> 遠ざかっていく。
// <0137> 遠ざかっていく。
<0137> She fades in the distance.
<0137> She slowly fades in the distance.
// <0138> 呆然と立ちつくす、とも。
// <0138> 呆然と立ちつくす、とも。
<0138> Tomo stands still, dumbfounded.
<0138> Tomo stands still, dumbfounded.
// <0139> その手が宙に浮いていた。
// <0139> その手が宙に浮いていた。
<0139> Her hands were floating in the air.
<0139> Her hands are still hanging in the air.
// <0140> 母親を抱いていた手が。
// <0140> 母親を抱いていた手が。
<0140> They had been embracing the mother.
<0140> They'd been embracing her mother only a minute ago.
// <0141> 俺は歩いていって、その背中を抱きしめた。
// <0141> 俺は歩いていって、その背中を抱きしめた。
<0141> I walked up to her, and hugged her from behind.*
<0141> I walk up to her and hug her from behind.
// <0142> 母親の代わりにと。
// <0142> 母親の代わりにと。
<0142> In place of her mother.
<0142> I fill the role of her mother.
// <0143> …こんなにもあっけなく終わった。
// <0143> ...こんなにもあっけなく終わった。
<0143> ...The life of a parent and child.
<0143> The life of mother and child...
// <0144> 親子の生活が。
// <0144> 親子の生活が。
<0144> It was so abruptly over.
<0144> ...ended so abruptly.
// <0145> ともの母親は一言伝えただけで帰っていった、と教えると、智代は安心したようだった。
// <0145> ともの母親は一言伝えただけで帰っていった、と教えると、智代は安心したようだった。
<0145> When I told Tomoyo that Tomo's mother had left after a quick speech, she looked relieved.*
<0145> When I tell Tomoyo that Tomo's mother left after a quick speech, she looks relieved.
// <0146> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
// <0146> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0146> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?"
<0146> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along?"
// <0147> そして俺と鷹文を外に連れ出すと、明るく努めて、そう訊いた。
// <0147> そして俺と鷹文を外に連れ出すと、明るく努めて、そう訊いた。
<0147> When she took Takafumi and me outside, she asked that, as cheerfully as she could.
<0147> When she takes Takafumi and me outside, she asks that as cheerfully as she can.
// <0148> \{朋也}「いや、よくないだろ…」
// <0148> \{朋也}「いや、よくないだろ...」
<0148> \{Tomoya}"No, I suppose not..."
<0148> \{Tomoya}"No, I suppose not..."
// <0149> \{智代}「まあ、それは現実だ」
// <0149> \{智代}「まあ、それは現実だ」
<0149> \{Tomoyo}"Well, that's the reality."
<0149> \{Tomoyo}"Well, that's just reality."
// <0150> \{智代}「だが、ともはまだ幼い」
// <0150> \{智代}「だが、ともはまだ幼い」
<0150> \{Tomoyo}"But, Tomo is still young."
<0150> \{Tomoyo}"But Tomo is still young."
// <0151> \{智代}「なんとだ…サンタの存在をも信じているのだ。どうだ可愛いだろう」
// <0151> \{智代}「なんとだ...サンタの存在をも信じているのだ。どうだ可愛いだろう」
<0151> \{Tomoyo}"I mean... She believes Santa exists. Don't you think that's cute?"*
<0151> \{Tomoyo}"I mean... she believes Santa exists. Don't you think that's cute?"
// <0152> \{朋也}「いや、威張られても」
// <0152> \{朋也}「いや、威張られても」
<0152> \{Tomoya}"Well, even if you brag about it..."*
<0152> \{Tomoya}"Well, even if you brag about her cuteness..."
// <0153> \{智代}「だからクマとパンダは仲がいいという夢を見せてあげたい」
// <0153> \{智代}「だからクマとパンダは仲がいいという夢を見せてあげたい」
<0153> \{Tomoyo}"That's why I want to let her have a dream where the bear and the panda are on good terms."
<0153> \{Tomoyo}"That's why I want to let her have a dream in which the bear and panda are are getting along."
// <0154> \{朋也}「いや、別にいいじゃん。そんな夢」
// <0154> \{朋也}「いや、別にいいじゃん。そんな夢」
<0154> \{Tomoya}"Well, there's nothing wrong with such a dream."
<0154> \{Tomoya}"Well, there's nothing wrong with that."
// <0155> \{智代}「そこでだ…」
// <0155> \{智代}「そこでだ...」
<0155> \{Tomoyo}"Therefore..."*
<0155> \{Tomoyo}"So..."
// <0156> 話を聞いていない。
// <0156> 話を聞いていない。
<0156> She isn't listening to what I'm saying.
<0156> She isn't listening to anything I'm saying.
// <0157> \{智代}「おまえと鷹文がクマとパンダになって、仲の良さを見せてやってくれ」
// <0157> \{智代}「おまえと鷹文がクマとパンダになって、仲の良さを見せてやってくれ」
<0157> \{Tomoyo}"You and Takafumi, please be the bear and the panda, and show that you get along."
<0157> \{Tomoyo}"You and Takafumi, please be the bear and the panda. And show that you get along."
// <0158> 俺は考える。
// <0158> 俺は考える。
<0158> I consider it.
<0158> I consider it.
// <0159> \{朋也}「…白の上着に黒のズボンをはいて、マジックで目の周りを黒く塗りでもすればいいのか?」
// <0159> \{朋也}「...白の上着に黒のズボンをはいて、マジックで目の周りを黒く塗りでもすればいいのか?」
<0159> \{Tomoya}"...Shall I just put on a white jacket and black pants, and draw the outlines of my eyes with a magic marker?"
<0159> \{Tomoya}"Should I just put on a white jacket and black pants and outline my eyes with a magic marker?"
// <0160> \{智代}「馬鹿、人間丸出しじゃないか」
// <0160> \{智代}「馬鹿、人間丸出しじゃないか」
<0160> \{Tomoyo}"Dummy, wouldn't it be obvious that you're human?"
<0160> \{Tomoyo}"Dummy, wouldn't it be obvious that you're human?"
// <0161> \{朋也}「じゃあどうしろって」
// <0161> \{朋也}「じゃあどうしろって」
<0161> \{Tomoya}"Then what to do?"
<0161> \{Tomoya}"Then what should I do?"
// <0162> \{智代}「私がクマとパンダの着ぐるみを用意する」
// <0162> \{智代}「私がクマとパンダの着ぐるみを用意する」
<0162> \{Tomoyo}"I'll come up with bear and panda costumes."
<0162> \{Tomoyo}"I'll come up with both bear and panda costumes."
// <0163> \{朋也}「クマはあったよな、確か。けどパンダはないだろ、さすがに」
// <0163> \{朋也}「クマはあったよな、確か。けどパンダはないだろ、さすがに」
<0163> \{Tomoya}"You have the bear, if I'm not mistaken. But as for the panda, I suppose not."
<0163> \{Tomoya}"You have the bear, if I'm not mistaken. But as for the panda..."
// <0164> \{智代}「実は今年の創立者祭で、私が用意した」
// <0164> \{智代}「実は今年の創立者祭で、私が用意した」
<0164> \{Tomoyo}"To tell you the truth, I came up with it at this year's Founder's Festival."
<0164> \{Tomoyo}"To tell you the truth, I came up with it for this year's Founders' Festival."
// <0165> \{朋也}「………」
// <0165> \{朋也}「.........」
<0165> \{Tomoya}"........."
<0165> \{Tomoya}"..."
// <0166> 俺は閉口する他ない。
// <0166> 俺は閉口する他ない。
<0166> I cannot help but be nonplussed.
<0166> I can't help but be surprised.
// <0167> \{鷹文}「じゃんけっん、ぽんっ!」
// <0167> \{鷹文}「じゃんけっん、ぽんっ!」
<0167> \{Takafumi}"Rock, paper, scissors!"
<0167> \{Takafumi}"Rock, paper, scissors!」
// <0168> \{鷹文}「うわぁ、負けた」
// <0168> \{鷹文}「うわぁ、負けた」
<0168> \{Takafumi}"Man, I lost."
<0168> \{Takafumi}"Man, I lost."
// <0169> \{朋也}「よしっ、勝った!」
// <0169> \{朋也}「よしっ、勝った!」
<0169> \{Tomoya}"Yes, I won!"
<0169> \{Tomoya}"Yes, I won!」
// <0170> \{朋也}「…って、どっちでもいいんだけどさ」
// <0170> \{朋也}「...って、どっちでもいいんだけどさ」
<0170> \{Tomoya}"...Wait, it makes no difference to me, though."
<0170> \{Tomoya}"...Wait, it makes no difference to me, though."
// <0171> \{朋也}「勝ったほうがどっちだっけ、シマウマ?」
// <0171> \{朋也}「勝ったほうがどっちだっけ、シマウマ?」
<0171> \{Tomoya}"Which one would the winner be again, the zebra?"
<0171> \{Tomoya}"The winner is going to be which one again? The zebra?"
// <0172> \{智代}「そんなどうでもいいみたいに言うな。しかもパンダだ、シマウマじゃない」
// <0172> \{智代}「そんなどうでもいいみたいに言うな。しかもパンダだ、シマウマじゃない」
<0172> \{Tomoyo}"Don't say that it doesn't matter. Furthermore, it is a panda, not a zebra."
<0172> \{Tomoyo}"Don't say that. And it's a panda, not a zebra."
// <0173> 植木の影に隠れて着替えを始める。
// <0173> 植木の影に隠れて着替えを始める。
<0173> We begin changing in the shadows of the garden trees.
<0173> We begin changing in the shadow of the trees in the garden.
// <0174> アパートから人が出てこないことを祈るしかない。これでは単なる変質者だ。
// <0174> アパートから人が出てこないことを祈るしかない。これでは単なる変質者だ。
<0174> We have no choice but to pray that nobody from the apartment block comes out. As they might think that we are mentally unsound.
<0174> We have no choice but to pray nobody from the apartment complex comes out. They might think we're mentally unsound.
// <0175> 智代が俺たちの背後に回り、背中のファスナーを上げる。
// <0175> 智代が俺たちの背後に回り、背中のファスナーを上げる。
<0175> Tomoyo turns us around, and zips up our backs.
<0175> Tomoyo turns us around and zips up the backs of our costumes.
// <0176> 最後に頭をかぶり、完成だ。
// <0176> 最後に頭をかぶり、完成だ。
<0176> It ends with putting on the heads, and then it's complete.
<0176> It ends with us putting on the heads. Now, it's complete.
// <0177> \{智代}「さて、動いてみせてくれ。まず朋也」
// <0177> \{智代}「さて、動いてみせてくれ。まず朋也」
<0177> \{Tomoyo}"Now, please show me how you move. Tomoya first."
<0177> \{Tomoyo}"Now, please show me how you move. You first, Tomoya."
// <0178> パンダ、パンダと。
// <0178> パンダ、パンダと。
<0178> Panda, panda.
<0178> Panda, panda.
// <0179> 俺はその場をうろうろ歩いてみせた後、智代を振り返る。
// <0179> 俺はその場をうろうろ歩いてみせた後、智代を振り返る。
<0179> I walked around aimlessly, showing her, and then I turn back to Tomoyo.
<0179> I walk around aimlessly, then turn back to Tomoyo.
// <0180> 結構真剣に似せたつもりなんだが、智代の顔は不満げだ。
// <0180> 結構真剣に似せたつもりなんだが、智代の顔は不満げだ。
<0180> My belief is that I had imitated it really earnestly, but Tomoyo's face looks dissatisfied.
<0180> I believe I imitated it earnestly, but Tomoyo looks unsatisfied.
// <0181> 鳴いてみよう。
// <0181> 鳴いてみよう。
<0181> I'm going to try roaring.*
<0181> I'm going to try roaring.
// <0182> \{朋也}「ケェーーーーーッ!」
// <0182> \{朋也}「ケェーーーーーッ!」
<0182> \{Tomoya}"KEEEEEEH!"
<0182> \{Tomoya}"KEEEEEEH!」
// <0183> \{智代}「そんな声で鳴くかっ」
// <0183> \{智代}「そんな声で鳴くかっ」
<0183> \{Tomoyo}"Are you going to roar in such a voice?!"
<0183> \{Tomoyo}"Are you really going to roar like that?!」
// <0184> \{智代}「しかもむちゃくちゃ直立していたじゃないか、もっと丸まれ」
// <0184> \{智代}「しかもむちゃくちゃ直立していたじゃないか、もっと丸まれ」
<0184> \{Tomoyo}"Also, it looked like you had a stick up your butt. Do it more circular."
<0184> \{Tomoyo}"And it sounded like you had a stick up your butt. Do it more naturally."
// <0185> \{智代}「次は鷹文っ」
// <0185> \{智代}「次は鷹文っ」
<0185> \{Tomoyo}"Next is Takafumi!"
<0185> \{Tomoyo}"You're up, Takafumi."
// <0186> 俺と入れ替わり、クマの着ぐるみが歩行を始める。
// <0186> 俺と入れ替わり、クマの着ぐるみが歩行を始める。
<0186> The bear costume changes places with me, and started walking.
<0186> The bear changes places with me and starts walking.
// <0187> \{朋也}「わははははっ、おまえ、無茶苦茶直立してるぞっ、すげぇ姿勢のいいクマだな!」
// <0187> \{朋也}「わははははっ、おまえ、無茶苦茶直立してるぞっ、すげぇ姿勢のいいクマだな!」
<0187> \{Tomoya}"Wahahahaha! Dude, you look like you have a stick up your butt! This bear's got some good posture!"
<0187> \{Tomoya}"Wahahahaha! Dude, you look like you have a stick up your butt! This bear's got some good posture!」
// <0188> \{智代}「おまえが笑うな」
// <0188> \{智代}「おまえが笑うな」
<0188> \{Tomoyo}"Don't you laugh."
<0188> \{Tomoyo}"Don't laugh."
// <0189> クマは木の枝に向かってパンチを繰り出す。凶暴さをアピールしているようだ。
// <0189> クマは木の枝に向かってパンチを繰り出す。凶暴さをアピールしているようだ。
<0189> The bear throws a punch at a tree branch. It looks to be showing off its ferociousness.
<0189> The bear throws a punch at a tree branch. I guess it's showing off its ferociousness.
// <0190> \{朋也}「ばーか、それだって、人間のパンチじゃないかよ」
// <0190> \{朋也}「ばーか、それだって、人間のパンチじゃないかよ」
<0190> \{Tomoya}"You moron, wasn't that like, a human's punch?"
<0190> \{Tomoya}"You moron. Wasn't that, like, a human's punch?"
// <0191> \{朋也}「こうだよ、こうっ」
// <0191> \{朋也}「こうだよ、こうっ」
<0191> \{Tomoya}"It's like this. Like this!"
<0191> \{Tomoya}"Do it like this. Like this!」
// <0192> フック気味にパンチを繰り出す。
// <0192> フック気味にパンチを繰り出す。
<0192> I throw a hook punch.
<0192> I throw a hook.
// <0193> クマも振り返って、同じようにする。
// <0193> クマも振り返って、同じようにする。
<0193> The bear turns around, and does the same too.
<0193> The bear turns around and does the same.
// <0194> すぱーん!と俺のパンダの顎にヒットした。
// <0194> すぱーん!と俺のパンダの顎にヒットした。
<0194> Smack! It made a hit on the jaw of my panda.
<0194> *smack* The bear's fist strikes the panda's jaw.
// <0195> \{朋也}「お、やってくれるな」
// <0195> \{朋也}「お、やってくれるな」
<0195> \{Tomoya}"Oh, you're coming along."
<0195> \{Tomoya}"Oh, you're coming along."
// <0196> しゅっ…
// <0196> しゅっ...
<0196> Whoosh...
<0196> *Whoosh*
// <0197> すぱーんっ!
// <0197> すぱーんっ!
<0197> Smack!
<0197> *Smack*
// <0198> 殴り返す。(needs retranslation)
// <0198> 殴り返す
<0198> It strikes.
<0198> A blow lands.
// <0199> しゅっ…
// <0199> しゅっ...
<0199> Whoosh...
<0199> *Whoosh*
// <0200> ぱーんっ!
// <0200> ぱーんっ!
<0200> Bam!
<0200> *Bam*
// <0201> また返される。(needs retranslation)
// <0201> また返される。)
<0201> It is returned again.
<0201> It is returned.
// <0202> すぱーんっ! 
// <0202> すぱーんっ! 
<0202> Smack!
<0202> *Smack*
// <0203> すぱーんっ! 
// <0203> すぱーんっ! 
<0203> Smack! 
<0203> *Smack*
// <0204> すぱーんっ! 
// <0204> すぱーんっ! 
<0204> Smack! 
<0204> *Smack*
// <0205> すぱーんっ! 
// <0205> すぱーんっ! 
<0205> Smack!
<0205> *Smack*
// <0206> ぼごっ! 
// <0206> ぼごっ! 
<0206> Bash!
<0206> *Smack*
// <0207> どぐっ! 
// <0207> どぐっ! 
<0207> Whack!
<0207> *Whack*
// <0208> どごっ! 
// <0208> どごっ! 
<0208> Wham!
<0208> *Wham*
// <0209> どぐっ! 
// <0209> どぐっ! 
<0209> Wham!
<0209> *Wham*
// <0210> べきっ! 
// <0210> べきっ! 
<0210> Whop!
<0210> *Whop*
// <0211> ばきっ! 
// <0211> ばきっ! 
<0211> Clobber!
<0211> *Clobber*
// <0212> ぼきっ! 
// <0212> ぼきっ! 
<0212> Swat!
<0212> *Swat*
// <0213> べきっ! 
// <0213> べきっ! 
<0213> Whop!
<0213> *Whop*
// <0214> ばきっ! 
// <0214> ばきっ! 
<0214> lobber!
<0214> *Clobber*
// <0215> ぼきっ!
// <0215> ぼきっ!
<0215> Swat!
<0215> *Swap*
// <0216> 殴り合いになる。
// <0216> 殴り合いになる。
<0216> It turns into a fist fight.
<0216> It turns into a fistfight.
// <0217> \{とも}「うわー、なんかけんかしてるっ!」
// <0217> \{とも}「うわー、なんかけんかしてるっ!」
<0217> \{Tomo}"Waaah, they're fighting over something!"
<0217> \{Tomo}"Waaah, they're fighting over something!」
// <0218> \{とも}「パパーーっ! ママーーっ!」
// <0218> \{とも}「パパーーっ! ママーーっ!」
<0218> \{Tomo}"Papaaa! Mamaaa!"
<0218> \{Tomo}"Papaaa! Mamaaa!」
// <0219> ………。
// <0219> .........。
<0219> .........
<0219> .........
// <0220> \{智代}「…お、おまえらは…」
// <0220> \{智代}「...お、おまえらは...」
<0220> \{Tomoyo}"...Y-You two..."
<0220> \{Tomoyo}"Y-you two..."
// <0221> \{智代}「…何が起きたか、わかってるのか…」
// <0221> \{智代}「...何が起きたか、わかってるのか...」
<0221> \{Tomoyo}"...Do you understand, what happened...?"
<0221> \{Tomoyo}"Do you have any idea what just happened...?」
// <0222> 俺は着ぐるみの頭を持ち上げて、顔を外気にさらす。
// <0222> 俺は着ぐるみの頭を持ち上げて、顔を外気にさらす。
<0222> I take off the head of the costume, exposing my face to the open air.
<0222> I take off the head, exposing my face to the fresh air.
// <0223> \{朋也}「よく見えなかったが、どうやら、ともがいたみたいだな。もういないのか?」
// <0223> \{朋也}「よく見えなかったが、どうやら、ともがいたみたいだな。もういないのか?」
<0223> \{Tomoya}"I couldn't get a good look, but it would look Tomo was here. Is she gone now?"
<0223> \{Tomoya}"I couldn't get a good look, but it looks like Tomo was here. Is she gone now?"
// <0224> \{智代}「ああ…逃げていった」
// <0224> \{智代}「ああ...逃げていった」
<0224> \{Tomoyo}"Yeah... She ran off."
<0224> \{Tomoyo}"Yeah... she ran off."
// <0225> \{智代}「おまえらの、殴り合いを見てな…」
// <0225> \{智代}「おまえらの、殴り合いを見てな...」
<0225> \{Tomoyo}"Since she saw you two's fight..."
<0225> \{Tomoyo}"Because she saw you two fight..."
// <0226> \{朋也}「どうでもいいが、これで殴り合うと、楽しいな。痛くないし。な、鷹文」
// <0226> \{朋也}「どうでもいいが、これで殴り合うと、楽しいな。痛くないし。な、鷹文」
<0226> \{Tomoya}"Doesn't matter, but when fighting like this, it's fun, since it doesn't hurt. Right, Takafumi?"
<0226> \{Tomoya}"Doesn't matter. It's fun to fight like this because it doesn't hurt. Right, Takafumi?"
// <0227> \{智代}「殴り合うなあぁぁーーっ!」
// <0227> \{智代}「殴り合うなあぁぁーーっ!」
<0227> \{Tomoyo}"DON'T FIIIGHT!"
<0227> \{Tomoyo}"DON'T FIIIGHT!」
// <0228> \{朋也}「今、唾とんだ」
// <0228> \{朋也}「今、唾とんだ」
<0228> \{Tomoya}"You spat all over me now."
<0228> \{Tomoya}"You spat all over me."
// <0229> \{智代}「ああ、悪い…どこだ、ここか…」
// <0229> \{智代}「ああ、悪い...どこだ、ここか...」
<0229> \{Tomoyo}"Oh, sorry... Where, is it here...?"
<0229> \{Tomoyo}"Oh, sorry. Where is it, here...?」
// <0230> 顔を指で拭いてくれる。
// <0230> 顔を指で拭いてくれる。
<0230> She wipes it off my face.
<0230> She wipes it off my face.
// <0231> \{智代}「あと、どうでもいいって言うなあぁぁーーーっ!」
// <0231> \{智代}「あと、どうでもいいって言うなあぁぁーーーっ!」
<0231> \{Tomoyo}"Wait, DON'T SAY IT DOESN'T MATTEEER!"
<0231> \{Tomoyo}"Wait, DON'T SAY IT DOESN'T MATTERRR!」
// <0232> \{朋也}「忙しい奴だな…」
// <0232> \{朋也}「忙しい奴だな...」
<0232> \{Tomoya}"You're the busy lass..."
<0232> \{Tomoya}"You're quite the busybody, aren't you?"
// <0233> \{智代}「大事なことなんだぞ、これはっ」
// <0233> \{智代}「大事なことなんだぞ、これはっ」
<0233> \{Tomoyo}"This is important, you know!"
<0233> \{Tomoyo}"This is important, you know!」
// <0234> \{智代}「ともの夢が壊れてしまうじゃないか…」
// <0234> \{智代}「ともの夢が壊れてしまうじゃないか...」
<0234> \{Tomoyo}"Isn't Tomo's dream going to be destroyed...?"
<0234> \{Tomoyo}"Isn't Tomo's dream going to be destroyed...?」
// <0235> \{智代}「私たちが守らなくて、誰が守るんだっ」
// <0235> \{智代}「私たちが守らなくて、誰が守るんだっ」
<0235> \{Tomoyo}"If we aren't going to protect it, who will?!"
<0235> \{Tomoyo}"If we aren't going to protect it, who will?!」
// <0236> 俺と鷹文が同時に、智代を指さす。
// <0236> 俺と鷹文が同時に、智代を指さす。
<0236> Takafumi and I point at Tomoyo, at the same time.
<0236> Takafumi and I point at Tomoyo simultaneously.
// <0237> \{智代}「なんなんだっ! そんなときだけ打ち合わせしたように合わせるなっ」
// <0237> \{智代}「なんなんだっ! そんなときだけ打ち合わせしたように合わせるなっ」
<0237> \{Tomoyo}"What the hell?! Don't point your fingers at me together at the same time! It looks like you two have already arranged it beforehand!"*
<0237> \{Tomoyo}"What the hell?! Don't point your fingers at me like that! It looks like you arranged it beforehand!」
// <0238> \{智代}「もういい…」
// <0238> \{智代}「もういい...」
<0238> \{Tomoyo}"Forget this..."
<0238> \{Tomoyo}"Forget this..."
// <0239> \{智代}「おまえたちに期待した私が馬鹿だった…」
// <0239> \{智代}「おまえたちに期待した私が馬鹿だった...」
<0239> \{Tomoyo}"I was stupid to expect anything from you two..."
<0239> \{Tomoyo}"I was stupid to expect anything from you two..."
// <0240> \{智代}「ともの夢は私ひとりで守る…」
// <0240> \{智代}「ともの夢は私ひとりで守る...」
<0240> \{Tomoyo}"I'll protect Tomo's dream by myself..."
<0240> \{Tomoyo}"I'll protect Tomo's dream by myself..."
// <0241> \{智代}「脱げ…ひとり二役でも、なんでもこなしてみせる…」
// <0241> \{智代}「脱げ...ひとり二役でも、なんでもこなしてみせる..."\」
<0241> \{Tomoyo}"Take them off... Even if it's a double role, I'll show you that it'll be a breeze for me..."*
<0241> \{Tomoyo}"Take them off. Even if it's a double role, I'll show you that it's a breeze for me..."
// <0242> \{智代}「素早く動けば、残像が残って、クマとパンダ、ふたり同時にいるように見えるだろ…」
// <0242> \{智代}「素早く動けば、残像が残って、クマとパンダ、ふたり同時にいるように見えるだろ...」
<0242> \{Tomoyo}"If I move swiftly, only my afterimage will remain, and it'll look like both the bear and panda are there at the same time..."
<0242> \{Tomoyo}"If I move swiftly, only my after-image will remain. It'll look like the bear and panda are there at the same time..."
// <0243> \{朋也}「いくらおまえでも無理だからさ…」
// <0243> \{朋也}「いくらおまえでも無理だからさ...」
<0243> \{Tomoya}"That's impossible, even for you, y'know..."
<0243> \{Tomoya}"That's impossible even for you, y'know..."
// <0244> \{鷹文}「冗談だよ、ねぇちゃん」
// <0244> \{鷹文}「冗談だよ、ねぇちゃん」
<0244> \{Takafumi}"It was a joke, Nee-chan."*
<0244> \{Takafumi}"It was a joke, Nee-chan."
// <0245> 鷹文も頭を取る。
// <0245> 鷹文も頭を取る。
<0245> Takafumi takes off the head as well.
<0245> Takafumi takes off the head as well.
// <0246> \{智代}「すでに、冗談になっていないっ」
// <0246> \{智代}「すでに、冗談になっていないっ」
<0246> \{Tomoyo}"It's no joke any longer!"*
<0246> \{Tomoyo}"It's not a joke anymore!」
// <0247> \{鷹文}「これから仲のいいところを見せるからさ」
// <0247> \{鷹文}「これから仲のいいところを見せるからさ」
<0247> \{Takafumi}"We'll show her that we're getting along starting from now, you will see."
<0247> \{Takafumi}"We'll show her that we're getting along from now on. You'll see."
// <0248> \{智代}「本当だろうな…」
// <0248> \{智代}「本当だろうな...」
<0248> \{Tomoyo}"I wonder if you're telling the truth..."
<0248> \{Tomoyo}"I wonder whether you're telling the truth..."
// <0249> \{鷹文}「信用ないなあ」
// <0249> \{鷹文}「信用ないなあ」
<0249> \{Takafumi}"You don't trust me, huh."
<0249> \{Takafumi}"You don't trust me, huh?"
// <0250> \{智代}「あるわけないだろ」
// <0250> \{智代}「あるわけないだろ」
<0250> \{Tomoyo}"There's no way I would."
<0250> \{Tomoyo}"There's no way I would."
// <0251> \{朋也}「はっはっは、弟のくせに」
// <0251> \{朋也}「はっはっは、弟のくせに」
<0251> \{Tomoya}"Ha ha ha, despite being her little brother."
<0251> \{Tomoya}"Hahaha, despite being her little brother."
// <0252> \{智代}「おまえもだ」
// <0252> \{智代}「おまえもだ」
<0252> \{Tomoyo}"I don't trust you either."
<0252> \{Tomoyo}"I don't trust you, either."
// <0253> がーーーーん…
// <0253> がーーーーん...
<0253> GOOONNGG...
<0253> GOOONNNNGG!
// <0254> \{鷹文}「ははは、彼氏のくせに」
// <0254> \{鷹文}「ははは、彼氏のくせに」
<0254> \{Takafumi}"Hahaha, despite being her boyfriend."
<0254> \{Takafumi}"Hahaha, despite being her boyfriend."
// <0255> ぼかっとクマの腹を殴ってやる。
// <0255> ぼかっとクマの腹を殴ってやる。
<0255> (Whack) I strike the bear's gut.
<0255> *Whack* I strike the bear in the gut.
// <0256> \{智代}「殴るなぁぁーーっ!」
// <0256> \{智代}「殴るなぁぁーーっ!」
<0256> \{Tomoyo}"DON'T HIT HIIIM!"
<0256> \{Tomoyo}"DON'T HIT HIIIIIIM!」
// <0257> \{朋也}「また唾とんだ」
// <0257> \{朋也}「また唾とんだ」
<0257> \{Tomoya}"You spit your saliva all over me again..."
<0257> \{Tomoya}"You spat all over me again..."
// <0258> \{智代}「ああ、悪い…
// <0258> \{智代}「ああ、悪い...
<0258> \{Tomoyo}"Oh, sorry...
<0258> \{Tomoyo}"Oh, sorry..."
// <0259> って、もういいっ」
// <0259> って、もういいっ」
<0259> Wait, forget it!"
<0259> \{Tomoyo}"Wait, forget it!」
// <0260> \{智代}「いいか、これからおまえたちがボケたら、これで突っ込んでやるからな」
// <0260> \{智代}「いいか、これからおまえたちがボケたら、これで突っ込んでやるからな」
<0260> \{Tomoyo}"Listen, if you're going to be silly from here on, I'm going to cut in with this."
<0260> \{Tomoyo}"Listen, if you're going to be silly, I'm going to cut in with this."
// <0261> 智代の手にはお手製のハリセン。
// <0261> 智代の手にはお手製のハリセン。
<0261> In Tomoyo's hand, a huge, handmade paper fan.
<0261> In Tomoyo's hand is a huge, handmade paper fan.
// <0262> \{朋也}「というか、ボケるつもりはないんだが」
// <0262> \{朋也}「というか、ボケるつもりはないんだが」
<0262> \{Tomoya}"I mean, we're not planning to be silly."
<0262> \{Tomoya}"We didn't intend to be silly."
// <0263> \{鷹文}「ボケてたつもりもないしね」
// <0263> \{鷹文}「ボケてたつもりもないしね」
<0263> \{Takafumi}"On second thought,I don't think we were being silly either though."*
<0263> \{Takafumi}"On second thought, I don't think we were being silly, either."
// <0264> すぱーーーんっ!
// <0264> すぱーーーんっ!
<0264> SSSMMAAACK!
<0264> *Smack*
// <0265> と鷹文がはたかれる。
// <0265> と鷹文がはたかれる。
<0265> Takafumi is clobbered.
<0265> Takafumi is clobbered.
// <0266> \{智代}「うん、今のはいいボケだったな」
// <0266> \{智代}「うん、今のはいいボケだったな」
<0266> \{Tomoyo}"Yeah, that was good silliness."*
<0266> \{Tomoyo}"Yeah, that was definitely some silliness."
// <0267> \{朋也}「天然も含まれるそうだぞ」
// <0267> \{朋也}「天然も含まれるそうだぞ」
<0267> \{Tomoya}"Seems like he's a natural at it too.."*
<0267> \{Tomoya}"Seems like he's a natural at it, too."
// <0268> \{鷹文}「あと、かなり痛い…」
// <0268> \{鷹文}「あと、かなり痛い...」
<0268> \{Takafumi}"That hurt quite a bit..."
<0268> \{Takafumi}"That hurt quite a bit..."
// <0269> \{智代}「だったら早く頭をかぶれ」
// <0269> \{智代}「だったら早く頭をかぶれ」
<0269> \{Tomoyo}"Then put on the head quickly."
<0269> \{Tomoyo}"Then put on the head, already."
// <0270> \{朋也}「頭かぶると、相手の声、聞こえづらくなるから気をつけろ」
// <0270> \{朋也}「頭かぶると、相手の声、聞こえづらくなるから気をつけろ」
<0270> \{Tomoya}"When you've got the head on, it'll be too hard to hear each other's voice, so be careful."
<0270> \{Tomoya}"When you've got the head on, it's hard to hear each other's voices, so be careful."
// <0271> \{鷹文}「オーケー、身振り手振りで伝えるよ」
// <0271> \{鷹文}「オーケー、身振り手振りで伝えるよ」
<0271> \{Takafumi}"Okay, we'll communicate with gestures."
<0271> \{Takafumi}"OK, we'll communicate with gestures."
// <0272> \{智代}「ほら、早くしろ。今もともの頭の中では、クマとパンダが喧嘩したまんまなんだぞ」
// <0272> \{智代}「ほら、早くしろ。今もともの頭の中では、クマとパンダが喧嘩したまんまなんだぞ」
<0272> \{Tomoyo}"Look, get a move on. Even now, in Tomo's head, the bear and the panda have only fought."
<0272> \{Tomoyo}"Look, get a move on. Even now, in Tomo's head, the bear and panda are fighting."
// <0273> 智代に急かされ、俺と鷹文は頭をかぶり、動物と化す。
// <0273> 智代に急かされ、俺と鷹文は頭をかぶり、動物と化す。
<0273> Being urged by Tomoyo, Takafumi and I put on the heads, and change into animals.
<0273> Urged by Tomoyo, Takafumi and I put on the heads and become animals again.
// <0274> \{智代}「のっそり歩け。そうそう。いい感じだ」
// <0274> \{智代}「のっそり歩け。そうそう。いい感じだ」
<0274> \{Tomoyo}"Walk sluggishly. Yeah. That's about right."
<0274> \{Tomoyo}"Walk sluggishly. Yeah, that's about right."
// <0275> のっそりと歩いていく。
// <0275> のっそりと歩いていく。
<0275> We walk off sluggishly.
<0275> We walk off sluggishly.
// <0276> \{とも}「あ、ママ、さがしてたっ」
// <0276> \{とも}「あ、ママ、さがしてたっ」
<0276> \{Tomo}"Ah, Mama, I was looking for you!"
<0276> \{Tomo}"Ah, Mama, I was looking for you!」
// <0277> \{智代}「どうしたんだ、とも」
// <0277> \{智代}「どうしたんだ、とも」
<0277> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?"
<0277> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?"
// <0278> \{とも}「わー、さっきのがはいってきてるっ」
// <0278> \{とも}「わー、さっきのがはいってきてるっ」
<0278> \{Tomo}"Waaah, that earlier went inside!"*
<0278> \{Tomo}"Waaah, the bear and panda from before are coming in!!」
// <0279> \{智代}「ああ、恐がることはないぞ。さっきともが見たのは、ただふざけていただけなんだ」
// <0279> \{智代}「ああ、恐がることはないぞ。さっきともが見たのは、ただふざけていただけなんだ」
<0279> \{Tomoyo}"Oh, there's nothing to be afraid of. What you saw ealier, Tomo, was just them screwing around."
<0279> \{Tomoyo}"Oh, there's nothing to be afraid of. They were just playing around."
// <0280> \{智代}「実はとても仲がいいんだ、こいつらは」
// <0280> \{智代}「実はとても仲がいいんだ、こいつらは」
<0280> \{Tomoyo}"They're actually getting along very well."
<0280> \{Tomoyo}"They're actually getting along very well."
// <0281> \{智代}「なっ」
// <0281> \{智代}「なっ」
<0281> \{Tomoyo}「"Right?!"
<0281> \{Tomoyo}"Right?!」
// <0282> \{クマ}「………」
// <0282> \{クマ}「.........」
<0282> \{Bear}"........."
<0282> \{Bear}"..."
// <0283> \{パンダ}「………」
// <0283> \{パンダ}「.........」
<0283> \{Panda}"........."
<0283> \{Panda}"..."
// <0284> 棒立ちのふたり。
// <0284> 棒立ちのふたり。
<0284> The two of us stand upright.
<0284> We stand upright.
// <0285> \{智代}「………」
// <0285> \{智代}「.........」
<0285> \{Tomoyo}"........."
<0285> \{Tomoyo}"..."
// <0286> 智代の頬が震えている気がする。
// <0286> 智代の頬が震えている気がする。
<0286> Something tells me Tomoyo's cheeks are trembling.
<0286> Something tells me Tomoyo's cheeks are trembling.
// <0287> 何かしないとまずそうだ。
// <0287> 何かしないとまずそうだ。
<0287> It'll be bad if we don't do anything, it seems.
<0287> It'll be bad if we don't do anything, it seems.
// <0288> 仲のよさを証明せねば。
// <0288> 仲のよさを証明せねば。
<0288> I have to prove that we're on good terms.
<0288> I have to prove that we're getting along.
// <0289> 俺はクマを座らせてから、押し倒す。
// <0289> 俺はクマを座らせてから、押し倒す。
<0289> After making it sit, I push down the bear.
<0289> I push the bear down to make it sit.
// <0290> すぱーーーーんっ!
// <0290> すぱーーーーんっ!
<0290> SSSMMAAACK!
<0290> *Smack*
// <0291> 殴られた。
// <0291> 殴られた。
<0291> I was struck.
<0291> I've been struck.
// <0292> 今ので伝わる智代もすごいが。
// <0292> 今ので伝わる智代もすごいが。
<0292> Amazing that Tomoyo caught onto my actions.*
<0292> It's amazing how quickly Tomoyo reacted to my actions.
// <0293> \{とも}「どうしたの?」
// <0293> \{とも}「どうしたの?」
<0293> \{Tomo}"What's wrong?"
<0293> \{Tomo}"What's wrong?"
// <0294> \{智代}「こいつらがボケたから突っ込んだだけだ。これはお決まりだ。気にするな」
// <0294> \{智代}「こいつらがボケたから突っ込んだだけだ。これはお決まりだ。気にするな」
<0294> \{Tomoyo}"They were being silly, so I just cut in. It's a routine. Nevermind it."*
<0294> \{Tomoyo}"They were being silly, so I cut in. It's a routine. Don't worry about it."
// <0295> \{智代}「さて、今度は本当に仲の良さを見せてくれるぞ」
// <0295> \{智代}「さて、今度は本当に仲の良さを見せてくれるぞ」
<0295> \{Tomoyo}"Now, this time they'll really show us that they're getting along."
<0295> \{Tomoyo}"This time, they'll really show us that they're getting along."
// <0296> そう言われても…
// <0296> そう言われても...
<0296> We don't need to be told to...
<0296> We don't need to be told...
// <0297> 俺はクマを見る。クマは小首を傾げ、腕組みをした。
// <0297> 俺はクマを見る。クマは小首を傾げ、腕組みをした。
<0297> I look at the bear. The bear tilted its head, and folded its arms.
<0297> I look at the bear, which tilts its head and folds its arms.
// <0298> 俺も腕組みをして考えてみる。
// <0298> 俺も腕組みをして考えてみる。
<0298> I cross my arms as well, and try to think of something.
<0298> I cross my arms and try to think of something.
// <0299> \{クマ}「………」
// <0299> \{クマ}「.........」
<0299> \{Bear}"........."
<0299> \{Bear}"..."
// <0300> \{パンダ}「………」
// <0300> \{パンダ}「.........」
<0300> \{Panda}"........."
<0300> \{Panda}"..."
// <0301> \{とも}「…かんがえごとしてる」
// <0301> \{とも}「...かんがえごとしてる」
<0301> \{Tomo}"...They're in deep thought."
<0301> \{Tomo}"...They're deep in thought."
// <0302> \{智代}「そうだな…」
// <0302> \{智代}「そうだな...」
<0302> \{Tomoyo}"Yeah..."
<0302> \{Tomoyo}"Yeah..."
// <0303> \{とも}「なにかんがえてるんだろ」
// <0303> \{とも}「なにかんがえてるんだろ」
<0303> \{Tomo}"I wonder what they're thinking abo
<0303> \{Tomo}"I wonder what they're thinking about."
// <0304> \{智代}「きっと楽しいことだぞ。何をして遊ぼうか、とかな」
<0304> \{Tomoyo}"It must be something fun. Something along the lines of, 'What should we do to have fun?'」
// <0305> \{クマ}「.........」
<0305> \{Bear}"..."
// <0306> \{パンダ}「.........」
<0306> \{Panda}"..."
// <0307> \{クマ}「.........」
<0307> \{Bear}"..."
// <0308> ふたりとも身じろぎひとつしない。
<0308> Neither of us mov