-842 Removals
+821 Additions
== Text == == Text ==
<div class="clannadbox">
<pre> <pre>
// Resources for SEEN0711.TXT // Resources for SEEN0711.TXT
// #character '智代' // #character '智代'
#character 'Tomoyo' #character 'Tomoyo'
// #character '朋也' // #character '朋也'
#character 'Tomoya' #character 'Tomoya'
// #character 'とも' // #character 'とも'
#character 'Tomo' #character 'Tomo'
// #character '鷹文' // #character '鷹文'
#character 'Takafumi' #character 'Takafumi'
// #character '母親' // #character '母親'
#character 'Mother' #character 'Mother'
// #character 'クマ' // #character 'クマ'
#character 'Bear' #character 'Bear'
// #character 'パンダ' // #character 'パンダ'
#character 'Panda' #character 'Panda'
// <0000> 7月11日(日) // <0000> 7月11日(日)
<0000> July 11th (Sun) <0000> July 11th (Sun)
// <0001> 昼食を食べ終えると、智代は俺と鷹文を表まで連れ出した。 // <0001> 昼食を食べ終えると、智代は俺と鷹文を表まで連れ出した。
<0001> Once we were done eating lunch, Tomoyo took Takafumi and I outside. <0001> When we finish lunch, Tomoyo takes Takafumi and me outside.
// <0002> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」 // <0002> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0002> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?" <0002> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along now?"
// <0003> そして唐突にそんなことを言い出す。 // <0003> そして唐突にそんなことを言い出す。
<0003> Tomoyo says such a thing, out of the blue. <0003> Tomoyo speaks out of the blue.
// <0004> \{朋也}「あのな、とも」 // <0004> \{朋也}「あのな、とも」
<0004> \{Tomoya}"Say, Tomo." <0004> \{Tomoya}"Say, Tomo."
// <0005> 翌朝。朝食の場で俺は切り出す。 // <0005> 翌朝。朝食の場で俺は切り出す。
<0005> The next day. At breakfast, I break the ice. <0005> At breakfast, I break the ice.
// <0006> \{とも}「うん」 // <0006> \{とも}「うん」
<0006> \{Tomo}"Uh-huh." <0006> \{Tomo}"Uh huh?"
// <0007> トーストを食べながら上目遣いでこっちを見る。 // <0007> トーストを食べながら上目遣いでこっちを見る。
<0007> She looks at me with upturned eyes while eating toast. <0007> She looks at me with upturned eyes while eating toast.
// <0008> \{智代}「………」 // <0008> \{智代}「.........」
<0008> \{Tomoyo}"........." <0008> \{Tomoyo}"..."
// <0009> そのあどけなさとは対照的に、口を固く結び耐える表情の智代。 // <0009> そのあどけなさとは対照的に、口を固く結び耐える表情の智代。
<0009> In contrast to her innocence, is Tomoyo wearing an expression of endurance with lips sealed tight. <0009> In contrast to Tomo's innocence, Tomoyo wears an expression of endurance, her lips sealed tight.
// <0010> \{朋也}「ママに会いたいか」 // <0010> \{朋也}「ママに会いたいか」
<0010> \{Tomoya}"Do you want to meet Mama?" <0010> \{Tomoya}"Do you want to meet Mama?"
// <0011> ともは智代を指さす。 // <0011> ともは智代を指さす。
<0011> Tomo points at Tomoyo. <0011> Tomo points at Tomoyo.
// <0012> \{とも}「ママー」 // <0012> \{とも}「ママー」
<0012> \{Tomo}"Mama." <0012> \{Tomo}"Mama."
// <0013> 俺は首を振る。 // <0013> 俺は首を振る。
<0013> I shake my head. <0013> I shake my head.
// <0014> \{朋也}「とものママ」 // <0014> \{朋也}「とものママ」
<0014> \{Tomoya}"Your mama, Tomo." <0014> \{Tomoya}"Your mama, Tomo."
// <0015> \{とも}「………」 // <0015> \{とも}「.........」
<0015> \{Tomo}"........." <0015> \{Tomo}"..."
// <0016> 驚きに目が大きく開かれる。かじりかけのトーストをちゃぶ台に落とす。智代がそれをお皿に戻す。 // <0016> 驚きに目が大きく開かれる。かじりかけのトーストをちゃぶ台に落とす。智代がそれをお皿に戻す。
<0016> Her eyes widen in surprise. The toast she had in her mouth falls onto the table. Tomoyo puts it back on the plate. <0016> Her eyes widen in surprise. The toast she had in her mouth falls onto the table. Tomoyo puts it back on her plate.
// <0017> \{とも}「…いるの?」 // <0017> \{とも}「...いるの?」
<0017> \{Tomo}"...Is she here?" <0017> \{Tomo}"...Is she here?"
// <0018> \{朋也}「ここにはいない」 // <0018> \{朋也}「ここにはいない」
<0018> \{Tomoya}"Not here." <0018> \{Tomoya}"Not here."
// <0019> \{朋也}「でも約束してあるから、今日会える」 // <0019> \{朋也}「でも約束してあるから、今日会える」
<0019> \{Tomoya}"But, we made a promise, so today you can meet her." <0019> \{Tomoya}"But we made a promise, so you can meet her today."
// <0020> \{朋也}「ともは会いたいか?」 // <0020> \{朋也}「ともは会いたいか?」
<0020> \{Tomoya}"Do you want to, Tomo?" <0020> \{Tomoya}"Do you want to, Tomo?"
// <0021> ぶんぶんと縦に頷いた。 // <0021> ぶんぶんと縦に頷いた。
<0021> She nodded eagerly. <0021> She nods eagerly.
// <0022> それは何も考えていない、本能からくる返答だった。 // <0022> それは何も考えていない、本能からくる返答だった。
<0022> It was a reply not from consideration, but from her instincts. <0022> It's a reply, not from contemplation, but from instinct.
// <0023> そこに待つ辛さなど微塵も予測していない。 // <0023> そこに待つ辛さなど微塵も予測していない。
<0023> She couldn't foresee how painful it would be when she finally reunite with her mother.* <0023> She can't know how painful it would be if she reunites with her mother.
// <0024> できるはずない。こんな小さな子に。 // <0024> できるはずない。こんな小さな子に。
<0024> It ought to be impossible for such a small child to experience this. <0024> A child as young as she is shouldn't have to experience this.
// <0025> でもそれを突きつけなければいけない。 // <0025> でもそれを突きつけなければいけない。
<0025> But she has to get through this. <0025> But she has to get through it.
// <0026> じゃないと前に進めない。 // <0026> じゃないと前に進めない。
<0026> If she doesn't, she can't move on in life. <0026> If she doesn't, she can't move on.
// <0027> いつか振り切るために。 // <0027> いつか振り切るために。
<0027> She needs to let it go some day. <0027> She'll need to let it go someday.
// <0028> 午後になると俺たちは支度を始める。 // <0028> 午後になると俺たちは支度を始める。
<0028> When it becomes after noon, we start getting ready. <0028> In the afternoon, we start getting ready.
// <0029> ともには幼稚園の制服を着せた。 // <0029> ともには幼稚園の制服を着せた。
<0029> We put the kindergarten uniform on Tomo. <0029> We dress Tomo in her kindergarten uniform.
// <0030> 智代が正装をと、そう提案した。 // <0030> 智代が正装をと、そう提案した。
<0030> Tomoyo suggested that we'd be properly dressed. <0030> Tomoyo suggested we should dress properly.
// <0031> 智代も、学生服を着た。 // <0031> 智代も、学生服を着た。
<0031> Tomoyo as well, wore a school uniform. <0031> Tomoyo wears her school uniform.
// <0032> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。 // <0032> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
<0032> I changed my clothes as well after being instructed by Tomoyo to be as respectable as possible. <0032> I change my clothes as well. Tomoyo told me to look as respectable as possible.
// <0033> \{朋也}「じゃあ、鷹文、留守番よろしく」 // <0033> \{朋也}「じゃあ、鷹文、留守番よろしく」
<0033> \{Tomoya}"Then, Takafumi, take good care of the room/house." <0033> \{Tomoya}"Takafumi, take good care of the house."
// <0034> \{鷹文}「ああ、がんばってきてよ」 // <0034> \{鷹文}「ああ、がんばってきてよ」
<0034> \{Takafumi}"I will, good luck." <0034> \{Takafumi}"I will. Good luck."
// <0035> \{智代}「うん…いこう」 // <0035> \{智代}「うん...いこう」
<0035> \{Tomoyo}"Thanks... Let's go." <0035> \{Tomoyo}"Thanks. Let's go."
// <0036> 智代がともの手を取る。 // <0036> 智代がともの手を取る。
<0036> Tomoyo takes Tomo's hand. <0036> Tomoyo takes Tomo's hand.
// <0037> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。 // <0037> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
<0037> The meeting place is the park next to the apartment block where Tomo lived. <0037> We agreed to meet in the park next to the apartment complex where Tomo lived.
// <0038> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。 // <0038> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
<0038> Since we came here ahead of time, we ended up waiting on a bench for a while. <0038> Since we came here early, we end up waiting on a bench for a while.
// <0039> 智代は忙しなく時計と周りを交互に見ていた。 // <0039> 智代は忙しなく時計と周りを交互に見ていた。
<0039> Tomoyo was restlessly watching the clock and the surroundings alternately. <0039> Tomoyo restlessly watches the clock and keeps an eye on our surroundings.
// <0040> 会話はない。 // <0040> 会話はない。
<0040> There was no conversation. <0040> There is no conversation.
// <0041> ただじっと待ち続けた。 // <0041> ただじっと待ち続けた。
<0041> We just continued to wait patiently. <0041> We just continue to wait patiently.
// <0042> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。 // <0042> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
<0042> A parasol identical to yesterday. It comes into sight. <0042> The same parasol I saw yesterday comes into sight.
// <0043> \{朋也}「おでましだ」 // <0043> \{朋也}「おでましだ」
<0043> \{Tomoya}"She is finally here" <0043> \{Tomoya}"She's finally here."
// <0044> \{智代}「どれだ…あれか…?」 // <0044> \{智代}「どれだ...あれか...?」
<0044> \{Tomoyo}"What... That...?" <0044> \{Tomoyo}"Who's... that...?」
// <0045> 日傘が近づいてくる。 // <0045> 日傘が近づいてくる。
<0045> The parasol approaches. <0045> The parasol approaches.
// <0046> 智代ももうそれだと気づいている。 // <0046> 智代ももうそれだと気づいている。
<0046> Tomoyo had finally realized who I am talking about.* <0046> Tomoyo finally realises who I'm talking about.
// <0047> 俺たちは立ち上がって待つ。 // <0047> 俺たちは立ち上がって待つ。
<0047> We stood up and wait. <0047> We stand and wait.
// <0048> 日傘が畳まれる。 // <0048> 日傘が畳まれる。
<0048> The parasol closed. <0048> The parasol closes.
// <0049> 現れたのはともの母親。 // <0049> 現れたのはともの母親。
<0049> The one who emerges, is Tomo's mother. <0049> Behind it is Tomo's mother.
// <0050> 穏やかな表情をしていた。 // <0050> 穏やかな表情をしていた。
<0050> She had a gentle expression. <0050> She has a gentle expression.
// <0051> 写真に近い。優しい母親の顔。 // <0051> 写真に近い。優しい母親の顔。
<0051> It's close to the photo. She had the face of a kind mother. <0051> She looks much like she did in the photo. She has the face of a kind mother.
// <0052> なんで…どうして… // <0052> なんで...どうして...
<0052> Why... What for... <0052> Why... what for...?
// <0053> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。 // <0053> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
<0053> She can do such a facial expression, and yet she can abandon her. <0053> She looks so kind, yet she can abandon Tomo.
// <0054> …俺にはわからない。 // <0054> ...俺にはわからない。
<0054> ...I don't get it. <0054> ...I don't get it.
// <0055> ともが駆け寄ろうとした。 // <0055> ともが駆け寄ろうとした。
<0055> Tomo tried to rush over to her. <0055> Tomo tries to rush over to her.
// <0056> けど、智代が手を握っていた。 // <0056> けど、智代が手を握っていた。
<0056> However, Tomoyo was holding her hand. <0056> But Tomoyo is holding her hand.
// <0057> ともはそれでも駆け寄ろうとした。 // <0057> ともはそれでも駆け寄ろうとした。
<0057> Even so, Tomo tried to rush over. <0057> Even so, Tomo keeps trying to reach her.
// <0058> 智代が手を離す。 // <0058> 智代が手を離す。
<0058> Tomoyo finally let go of Tomo's hand. <0058> Tomoyo finally lets go of Tomo's hand.
// <0059> ともが母親の元へ駆ける。 // <0059> ともが母親の元へ駆ける。
<0059> Tomo runs to her mother's side. <0059> Tomo runs to her mother's side.
// <0060> その腰に抱きつく。 // <0060> その腰に抱きつく。
<0060> And wrapped her arms around her mother's waist.* <0060> She wraps her arms around her mother's waist.
// <0061> 母親は娘の頭を撫でた。 // <0061> 母親は娘の頭を撫でた。
<0061> The mother stroked the daughter's face. <0061> Her mother strokes her face.
// <0062> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。 // <0062> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
<0062> They did so for a while, basking in the sunlight. <0062> They continue for a while, basking in the sunlight.
// <0063> ともは安心しきった横顔でいた。 // <0063> ともは安心しきった横顔でいた。
<0063> Tomo's face shows an expression of serenity. <0063> On Tomo's face is an expression of serenity.
// <0064> あんな顔を俺たちは知らない。 // <0064> あんな顔を俺たちは知らない。
<0064> The expression Tomo shown is unknown to us. <0064> We've never seen her like this before.
// <0065> \{母親}「とも」 // <0065> \{母親}「とも」
<0065> \{Mother}"Tomo." <0065> \{Mother}"Tomo."
// <0066> 母親が口を開く。 // <0066> 母親が口を開く。
<0066> The mother opens her mouth. <0066> Her mother opens her mouth.
// <0067> 声も柔らかだった。 // <0067> 声も柔らかだった。
<0067> Her voice was gentle. <0067> Her voice is gentle.
// <0068> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」 // <0068> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
<0068> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness." <0068> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
// <0069> \{母親}「ごめんね、とも」 // <0069> \{母親}「ごめんね、とも」
<0069> \{Mother}"Forgive me, Tomo." <0069> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
// <0070> \{母親}「これからの幸せを…」 // <0070> \{母親}「これからの幸せを...」
<0070> \{Mother}"I wish you..." <0070> \{Mother}"I wish for you..."
// <0071> \{母親}「祈ってます」 // <0071> \{母親}「祈ってます」
<0071> \{Mother}"Happiness in the future." <0071> \{Mother}"...to have happiness in the future."
// <0072> …え。 // <0072> ...え。
<0072> ...Eh. <0072> ...Eh.
// <0073> 手が離れる。 // <0073> 手が離れる。
<0073> She takes her hands off her. <0073> She takes her hands off Tomo.
// <0074> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。 // <0074> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
<0074> Leaving her a kind smile, the mother turns her back on her. <0074> Leaving with a kind smile, her mother turns away.
// <0075> 日傘を差して、歩いていく。 // <0075> 日傘を差して、歩いていく。
<0075> She opens the parasol, and walks away. <0075> She opens the parasol and walks away.
// <0076> 遠ざかっていく。 // <0076> 遠ざかっていく。
<0076> She slowly fades in the distance. <0076> She slowly fades in the distance.
// <0077> 呆然と立ちつくす、とも。 // <0077> 呆然と立ちつくす、とも。
<0077> Tomo stands still, dumbfounded. <0077> Tomo stands still, dumbfounded.
// <0078> その手が宙に浮いていた。 // <0078> その手が宙に浮いていた。
<0078> Her hands were floating in the air. <0078> Her hands are still hanging in the air.
// <0079> 母親を抱いていた手が。 // <0079> 母親を抱いていた手が。
<0079> They had been embracing the mother. <0079> They'd been embracing her mother only a minute ago.
// <0080> ざっ、と土を蹴る音。 // <0080> ざっ、と土を蹴る音。
<0080> The sound of dirt being kicked up. <0080> I hear the sound of dirt being kicked up.
// <0081> 智代が駆けていた。 // <0081> 智代が駆けていた。
<0081> Tomoyo was running. <0081> Tomoyo is running.
// <0082> ともの体を抱いて、その手を握る。 // <0082> ともの体を抱いて、その手を握る。
<0082> She embraces Tomo's body, and grasps her hand(s). <0082> She embraces Tomo and grasps her hands.
// <0083> \{智代}「もう、終わりだっ…」 // <0083> \{智代}「もう、終わりだっ...」
<0083> \{Tomoyo}"It's over now...!" <0083> \{Tomoyo}"It's over now..."
// <0084> \{智代}「とものつらいこと、ぜんぶ終わったから…」 // <0084> \{智代}「とものつらいこと、ぜんぶ終わったから...」
<0084> \{Tomoyo}"All of your painful memories are over, Tomo..." <0084> \{Tomoyo}"All of your painful memories are over, Tomo..."
// <0085> \{智代}「これからは楽しいことだけが待ってるから…」 // <0085> \{智代}「これからは楽しいことだけが待ってるから...」
<0085> \{Tomoyo}"From now on, there will be only fun things waiting..." <0085> \{Tomoyo}"From now on, there will be only fun things ahead..."
// <0086> \{智代}「私と過ごす毎日が待ってるから…」 // <0086> \{智代}「私と過ごす毎日が待ってるから...」
<0086> \{Tomoyo}"Days you'll spend together with me will be waiting..." <0086> \{Tomoyo}"Days you'll spend with me are waiting..."
// <0087> \{智代}「絶対それは楽しいから…」 // <0087> \{智代}「絶対それは楽しいから...」
<0087> \{Tomoyo}"It's definitely going to be fun..." <0087> \{Tomoyo}"It's definitely going to be fun..."
// <0088> \{智代}「な、とも…」 // <0088> \{智代}「な、とも...」
<0088> \{Tomoyo}"Okay, Tomo...?" <0088> \{Tomoyo}"OK, Tomo...?」
// <0089> \{智代}「だから…もう安心しろ…」 // <0089> \{智代}「だから...もう安心しろ...」
<0089> \{Tomoyo}"So... rest easy now..." <0089> \{Tomoyo}"So... rest easy..."
// <0090> \{智代}「不安なことなんてなにもない…」 // <0090> \{智代}「不安なことなんてなにもない...」
<0090> \{Tomoyo}"There will be nothing to worry about..." <0090> \{Tomoyo}"There's nothing to worry about..."
// <0091> \{智代}「後は全部楽しいから…」 // <0091> \{智代}「後は全部楽しいから...」
<0091> \{Tomoyo}"The rest will all be fun..." <0091> \{Tomoyo}"We're going to have lots of fun..."
// <0092> \{智代}「な、とも…」 // <0092> \{智代}「な、とも...」
<0092> \{Tomoyo}"Okay, Tomo...?" <0092> \{Tomoyo}"OK, Tomo...?」
// <0093> …終わった。 // <0093> ...終わった。
<0093> ...The life of a parent and child. <0093> The life of mother and child...
// <0094> 親子の生活が。 // <0094> 親子の生活が。
<0094> Was over. <0094> ...is over.
// <0095> そして始まる。 // <0095> そして始まる。
<0095> And a new life. <0095> And a new life...
// <0096> 新しい生活が。 // <0096> 新しい生活が。
<0096> Will begin. <0096> ...will begin.
// <0097> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」 // <0097> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0097> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?" <0097> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along?"
// <0098> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。 // <0098> 俺も、できるだけまともな格好をと智代に指図され着替えた。
<0098>After being instructed by Tomoyo, I too changed my clothes to be as respectable as possible. <0098> As instructed by Tomoyo, I too change my clothes to look as respectable as possible.
// <0099> \{朋也}「じゃあ、留守番よろしく」 // <0099> \{朋也}「じゃあ、留守番よろしく」
<0099> \{Tomoya}"Then, take good care of the house." <0099> \{Tomoya}"Take good care of the house."
// <0100> 俺はともの手を取る。 // <0100> 俺はともの手を取る。
<0100> I take Tomo's hand. <0100> I take Tomo's hand.
// <0101> \{智代}「うん…」 // <0101> \{智代}「うん...」
<0101> \{Tomoyo}"Ok..." <0101> \{Tomoyo}"OK..."
// <0102> 智代は重苦しい顔で俺たちを見送った。 // <0102> 智代は重苦しい顔で俺たちを見送った。
<0102> Tomoyo saw us off with a somber face. <0102> Tomoyo sees us off with a somber face.
// <0103> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。 // <0103> 待ち合わせ場所はともが住んでいたアパートの隣にある公園。
<0103> The meeting place is the park next to the apartment block where Tomo lived. <0103> The meeting place is the park next to the apartment complex where Tomo lived.
// <0104> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。 // <0104> 早めに来てしまったため、しばらくベンチで待つことになる。
<0104> Since we came here ahead of time, we ended up waiting on a bench for a while. <0104> Since we came here early, we end up waiting on a bench for a while.
// <0105> ともも遊び道具には目もくれず、大人しく座って待っていた。 // <0105> ともも遊び道具には目もくれず、大人しく座って待っていた。
<0105> Tomo didn't take heed to the playthings either, and was quietly sitting and waiting. <0105> Tomo doesn't pay attention to her playthings. She just sits quietly and waits.
// <0106> 母親のことで頭がいっぱいなのだろう。 // <0106> 母親のことで頭がいっぱいなのだろう。
<0106> I wondered if she's thinking about her mother. <0106> I wonder if she's thinking about her mother.
// <0107> 会話はない。 // <0107> 会話はない。
<0107> There is no conversation between us. <0107> There's no conversation between us.
// <0108> ただじっと待ち続けた。 // <0108> ただじっと待ち続けた。
<0108> We continued to wait patiently. <0108> We just continue to wait patiently.
// <0109> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。 // <0109> 昨日と同じ日傘。それが視界の端に入る。
<0109> A parasol identical to yesterday. It comes into sight. <0109> A parasol identical to the one from yesterday comes into sight.
// <0110> おでましだ。 // <0110> おでましだ。
<0110> She appears. <0110> She's here.
// <0111> 日傘が近づいてくる。 // <0111> 日傘が近づいてくる。
<0111> The parasol approaches. <0111> The parasol approaches.
// <0112> 俺たちは立ち上がって待つ。 // <0112> 俺たちは立ち上がって待つ。
<0112> We stand up and wait. <0112> We stand and wait.
// <0113> 日傘が畳まれる。 // <0113> 日傘が畳まれる。
<0113> The parasol closed. <0113> The parasol closes.
// <0114> 現れたのはともの母親。 // <0114> 現れたのはともの母親。
<0114> The one who emerges, is Tomo's mother. <0114> Behind it is Tomo's mother.
// <0115> 穏やかな表情をしていた。 // <0115> 穏やかな表情をしていた。
<0115> She wore a gentle expression. <0115> She has a gentle expression.
// <0116> 写真に近い。優しい母親の顔。 // <0116> 写真に近い。優しい母親の顔。
<0116> It's close to the photo. The face of a kind mother. <0116> She looks much like she did in the photo. She has the face of a kind mother.
// <0117> なんで…どうして… // <0117> なんで...どうして...
<0117> Why... What for... <0117> Why... what for...?
// <0118> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。 // <0118> そんな表情ができるのに、見放せるんだろう。
<0118> She can do such a facial expression, and yet she can abandon her. <0118> She looks so kind, yet she can abandon Tomo.
// <0119> …俺にはわからない。 // <0119> ...俺にはわからない。
<0119> ...I don't get it. <0119> ...I don't get it.
// <0120> ともが母親の元へ駆ける。 // <0120> ともが母親の元へ駆ける。
<0120> Tomo runs to her mother's side. <0120> Tomo runs to her mother's side.
// <0121> その腰に抱きつく。 // <0121> その腰に抱きつく。
<0121> And wraps her arms around her mother's waist.* <0121> And wraps her arms around her mother's waist.
// <0122> 母親は娘の頭を撫でた。 // <0122> 母親は娘の頭を撫でた。
<0122> The mother stroked the daughter's face. <0122> Her mother strokes her face.
// <0123> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。 // <0123> 照りつける日差しの中で、しばらくそうしていた。
<0123> They did so for a while, basking in the sunlight. <0123> They do that for a while, basking in the sunlight.
// <0124> ともは安心しきった横顔でいた。 // <0124> ともは安心しきった横顔でいた。
<0124> Tomo's face shows an expression of serenity. <0124> On Tomo's face is an expression of serenity.
// <0125> あんな顔を俺たちは知らない。 // <0125> あんな顔を俺たちは知らない。
<0125> The expression Tomo shown is unknown to us. <0125> We've never seen her look like this before.
// <0126> \{母親}「とも」 // <0126> \{母親}「とも」
<0126> \{Mother}"Tomo." <0126> \{Mother}"Tomo."
// <0127> 母親が口を開く。 // <0127> 母親が口を開く。
<0127> The mother opens her mouth. <0127> Her mother opens her mouth.
// <0128> 声も柔らかだった。 // <0128> 声も柔らかだった。
<0128> Even her voice was gentle. <0128> Her voice is gentle.
// <0129> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」 // <0129> \{母親}「私はあなたに、人並みの幸せも与えられなかった」
<0129> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness." <0129> \{Mother}"I couldn't even give you ordinary happiness."
// <0130> \{母親}「ごめんね、とも」 // <0130> \{母親}「ごめんね、とも」
<0130> \{Mother}"Forgive me, Tomo." <0130> \{Mother}"Forgive me, Tomo."
// <0131> \{母親}「これからの幸せを…」 // <0131> \{母親}「これからの幸せを...」
<0131> \{Mother}"I wish you..." <0131> \{Mother}"I wish for you..."
// <0132> \{母親}「願ってます」 // <0132> \{母親}「願ってます」
<0132> \{Mother}"Happiness in the future." <0132> \{Mother}"...to have happiness in the future."
// <0133> …え。 // <0133> ...え。
<0133> ...Eh. <0133> ...Eh.
// <0134> 手が離れる。 // <0134> 手が離れる。
<0134> She takes her hands off her. <0134> She takes her hands off Tomo.
// <0135> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。 // <0135> 優しい笑みを残して、母親が背中を向ける。
<0135> Leaving her a kind smile, the mother turns her back on her. <0135> Leaving with a kind smile, her mother turns away.
// <0136> 日傘を差して、歩いていく。 // <0136> 日傘を差して、歩いていく。
<0136> She opens the parasol, and walks away. <0136> She opens the parasol and walks away.
// <0137> 遠ざかっていく。 // <0137> 遠ざかっていく。
<0137> She fades in the distance. <0137> She slowly fades in the distance.
// <0138> 呆然と立ちつくす、とも。 // <0138> 呆然と立ちつくす、とも。
<0138> Tomo stands still, dumbfounded. <0138> Tomo stands still, dumbfounded.
// <0139> その手が宙に浮いていた。 // <0139> その手が宙に浮いていた。
<0139> Her hands were floating in the air. <0139> Her hands are still hanging in the air.
// <0140> 母親を抱いていた手が。 // <0140> 母親を抱いていた手が。
<0140> They had been embracing the mother. <0140> They'd been embracing her mother only a minute ago.
// <0141> 俺は歩いていって、その背中を抱きしめた。 // <0141> 俺は歩いていって、その背中を抱きしめた。
<0141> I walked up to her, and hugged her from behind.* <0141> I walk up to her and hug her from behind.
// <0142> 母親の代わりにと。 // <0142> 母親の代わりにと。
<0142> In place of her mother. <0142> I fill the role of her mother.
// <0143> …こんなにもあっけなく終わった。 // <0143> ...こんなにもあっけなく終わった。
<0143> ...The life of a parent and child. <0143> The life of mother and child...
// <0144> 親子の生活が。 // <0144> 親子の生活が。
<0144> It was so abruptly over. <0144> ...ended so abruptly.
// <0145> ともの母親は一言伝えただけで帰っていった、と教えると、智代は安心したようだった。 // <0145> ともの母親は一言伝えただけで帰っていった、と教えると、智代は安心したようだった。
<0145> When I told Tomoyo that Tomo's mother had left after a quick speech, she looked relieved.* <0145> When I tell Tomoyo that Tomo's mother left after a quick speech, she looks relieved.
// <0146> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」 // <0146> \{智代}「果たして、クマとパンダは仲がいいのか?」
<0146> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda on good terms?" <0146> \{Tomoyo}"So, are the bear and panda getting along?"
// <0147> そして俺と鷹文を外に連れ出すと、明るく努めて、そう訊いた。 // <0147> そして俺と鷹文を外に連れ出すと、明るく努めて、そう訊いた。
<0147> When she took Takafumi and me outside, she asked that, as cheerfully as she could. <0147> When she takes Takafumi and me outside, she asks that as cheerfully as she can.
// <0148> \{朋也}「いや、よくないだろ…」 // <0148> \{朋也}「いや、よくないだろ...」
<0148> \{Tomoya}"No, I suppose not..." <0148> \{Tomoya}"No, I suppose not..."
// <0149> \{智代}「まあ、それは現実だ」 // <0149> \{智代}「まあ、それは現実だ」
<0149> \{Tomoyo}"Well, that's the reality." <0149> \{Tomoyo}"Well, that's just reality."
// <0150> \{智代}「だが、ともはまだ幼い」 // <0150> \{智代}「だが、ともはまだ幼い」
<0150> \{Tomoyo}"But, Tomo is still young." <0150> \{Tomoyo}"But Tomo is still young."
// <0151> \{智代}「なんとだ…サンタの存在をも信じているのだ。どうだ可愛いだろう」 // <0151> \{智代}「なんとだ...サンタの存在をも信じているのだ。どうだ可愛いだろう」
<0151> \{Tomoyo}"I mean... She believes Santa exists. Don't you think that's cute?"* <0151> \{Tomoyo}"I mean... she believes Santa exists. Don't you think that's cute?"
// <0152> \{朋也}「いや、威張られても」 // <0152> \{朋也}「いや、威張られても」
<0152> \{Tomoya}"Well, even if you brag about it..."* <0152> \{Tomoya}"Well, even if you brag about her cuteness..."
// <0153> \{智代}「だからクマとパンダは仲がいいという夢を見せてあげたい」 // <0153> \{智代}「だからクマとパンダは仲がいいという夢を見せてあげたい」
<0153> \{Tomoyo}"That's why I want to let her have a dream where the bear and the panda are on good terms." <0153> \{Tomoyo}"That's why I want to let her have a dream in which the bear and panda are are getting along."
// <0154> \{朋也}「いや、別にいいじゃん。そんな夢」 // <0154> \{朋也}「いや、別にいいじゃん。そんな夢」
<0154> \{Tomoya}"Well, there's nothing wrong with such a dream." <0154> \{Tomoya}"Well, there's nothing wrong with that."
// <0155> \{智代}「そこでだ…」 // <0155> \{智代}「そこでだ...」
<0155> \{Tomoyo}"Therefore..."* <0155> \{Tomoyo}"So..."
// <0156> 話を聞いていない。 // <0156> 話を聞いていない。
<0156> She isn't listening to what I'm saying. <0156> She isn't listening to anything I'm saying.
// <0157> \{智代}「おまえと鷹文がクマとパンダになって、仲の良さを見せてやってくれ」 // <0157> \{智代}「おまえと鷹文がクマとパンダになって、仲の良さを見せてやってくれ」
<0157> \{Tomoyo}"You and Takafumi, please be the bear and the panda, and show that you get along." <0157> \{Tomoyo}"You and Takafumi, please be the bear and the panda. And show that you get along."
// <0158> 俺は考える。 // <0158> 俺は考える。
<0158> I consider it. <0158> I consider it.
// <0159> \{朋也}「…白の上着に黒のズボンをはいて、マジックで目の周りを黒く塗りでもすればいいのか?」 // <0159> \{朋也}「...白の上着に黒のズボンをはいて、マジックで目の周りを黒く塗りでもすればいいのか?」
<0159> \{Tomoya}"...Shall I just put on a white jacket and black pants, and draw the outlines of my eyes with a magic marker?" <0159> \{Tomoya}"Should I just put on a white jacket and black pants and outline my eyes with a magic marker?"
// <0160> \{智代}「馬鹿、人間丸出しじゃないか」 // <0160> \{智代}「馬鹿、人間丸出しじゃないか」
<0160> \{Tomoyo}"Dummy, wouldn't it be obvious that you're human?" <0160> \{Tomoyo}"Dummy, wouldn't it be obvious that you're human?"
// <0161> \{朋也}「じゃあどうしろって」 // <0161> \{朋也}「じゃあどうしろって」
<0161> \{Tomoya}"Then what to do?" <0161> \{Tomoya}"Then what should I do?"
// <0162> \{智代}「私がクマとパンダの着ぐるみを用意する」 // <0162> \{智代}「私がクマとパンダの着ぐるみを用意する」
<0162> \{Tomoyo}"I'll come up with bear and panda costumes." <0162> \{Tomoyo}"I'll come up with both bear and panda costumes."
// <0163> \{朋也}「クマはあったよな、確か。けどパンダはないだろ、さすがに」 // <0163> \{朋也}「クマはあったよな、確か。けどパンダはないだろ、さすがに」
<0163> \{Tomoya}"You have the bear, if I'm not mistaken. But as for the panda, I suppose not." <0163> \{Tomoya}"You have the bear, if I'm not mistaken. But as for the panda..."
// <0164> \{智代}「実は今年の創立者祭で、私が用意した」 // <0164> \{智代}「実は今年の創立者祭で、私が用意した」
<0164> \{Tomoyo}"To tell you the truth, I came up with it at this year's Founder's Festival." <0164> \{Tomoyo}"To tell you the truth, I came up with it for this year's Founders' Festival."
// <0165> \{朋也}「………」 // <0165> \{朋也}「.........」
<0165> \{Tomoya}"........." <0165> \{Tomoya}"..."
// <0166> 俺は閉口する他ない。 // <0166> 俺は閉口する他ない。
<0166> I cannot help but be nonplussed. <0166> I can't help but be surprised.
// <0167> \{鷹文}「じゃんけっん、ぽんっ!」 // <0167> \{鷹文}「じゃんけっん、ぽんっ!」
<0167> \{Takafumi}"Rock, paper, scissors!" <0167> \{Takafumi}"Rock, paper, scissors!」
// <0168> \{鷹文}「うわぁ、負けた」 // <0168> \{鷹文}「うわぁ、負けた」
<0168> \{Takafumi}"Man, I lost." <0168> \{Takafumi}"Man, I lost."
// <0169> \{朋也}「よしっ、勝った!」 // <0169> \{朋也}「よしっ、勝った!」
<0169> \{Tomoya}"Yes, I won!" <0169> \{Tomoya}"Yes, I won!」
// <0170> \{朋也}「…って、どっちでもいいんだけどさ」 // <0170> \{朋也}「...って、どっちでもいいんだけどさ」
<0170> \{Tomoya}"...Wait, it makes no difference to me, though." <0170> \{Tomoya}"...Wait, it makes no difference to me, though."
// <0171> \{朋也}「勝ったほうがどっちだっけ、シマウマ?」 // <0171> \{朋也}「勝ったほうがどっちだっけ、シマウマ?」
<0171> \{Tomoya}"Which one would the winner be again, the zebra?" <0171> \{Tomoya}"The winner is going to be which one again? The zebra?"
// <0172> \{智代}「そんなどうでもいいみたいに言うな。しかもパンダだ、シマウマじゃない」 // <0172> \{智代}「そんなどうでもいいみたいに言うな。しかもパンダだ、シマウマじゃない」
<0172> \{Tomoyo}"Don't say that it doesn't matter. Furthermore, it is a panda, not a zebra." <0172> \{Tomoyo}"Don't say that. And it's a panda, not a zebra."
// <0173> 植木の影に隠れて着替えを始める。 // <0173> 植木の影に隠れて着替えを始める。
<0173> We begin changing in the shadows of the garden trees. <0173> We begin changing in the shadow of the trees in the garden.
// <0174> アパートから人が出てこないことを祈るしかない。これでは単なる変質者だ。 // <0174> アパートから人が出てこないことを祈るしかない。これでは単なる変質者だ。
<0174> We have no choice but to pray that nobody from the apartment block comes out. As they might think that we are mentally unsound. <0174> We have no choice but to pray nobody from the apartment complex comes out. They might think we're mentally unsound.
// <0175> 智代が俺たちの背後に回り、背中のファスナーを上げる。 // <0175> 智代が俺たちの背後に回り、背中のファスナーを上げる。
<0175> Tomoyo turns us around, and zips up our backs. <0175> Tomoyo turns us around and zips up the backs of our costumes.
// <0176> 最後に頭をかぶり、完成だ。 // <0176> 最後に頭をかぶり、完成だ。
<0176> It ends with putting on the heads, and then it's complete. <0176> It ends with us putting on the heads. Now, it's complete.
// <0177> \{智代}「さて、動いてみせてくれ。まず朋也」 // <0177> \{智代}「さて、動いてみせてくれ。まず朋也」
<0177> \{Tomoyo}"Now, please show me how you move. Tomoya first." <0177> \{Tomoyo}"Now, please show me how you move. You first, Tomoya."
// <0178> パンダ、パンダと。 // <0178> パンダ、パンダと。
<0178> Panda, panda. <0178> Panda, panda.
// <0179> 俺はその場をうろうろ歩いてみせた後、智代を振り返る。 // <0179> 俺はその場をうろうろ歩いてみせた後、智代を振り返る。
<0179> I walked around aimlessly, showing her, and then I turn back to Tomoyo. <0179> I walk around aimlessly, then turn back to Tomoyo.
// <0180> 結構真剣に似せたつもりなんだが、智代の顔は不満げだ。 // <0180> 結構真剣に似せたつもりなんだが、智代の顔は不満げだ。
<0180> My belief is that I had imitated it really earnestly, but Tomoyo's face looks dissatisfied. <0180> I believe I imitated it earnestly, but Tomoyo looks unsatisfied.
// <0181> 鳴いてみよう。 // <0181> 鳴いてみよう。
<0181> I'm going to try roaring.* <0181> I'm going to try roaring.
// <0182> \{朋也}「ケェーーーーーッ!」 // <0182> \{朋也}「ケェーーーーーッ!」
<0182> \{Tomoya}"KEEEEEEH!" <0182> \{Tomoya}"KEEEEEEH!」
// <0183> \{智代}「そんな声で鳴くかっ」 // <0183> \{智代}「そんな声で鳴くかっ」
<0183> \{Tomoyo}"Are you going to roar in such a voice?!" <0183> \{Tomoyo}"Are you really going to roar like that?!」
// <0184> \{智代}「しかもむちゃくちゃ直立していたじゃないか、もっと丸まれ」 // <0184> \{智代}「しかもむちゃくちゃ直立していたじゃないか、もっと丸まれ」
<0184> \{Tomoyo}"Also, it looked like you had a stick up your butt. Do it more circular." <0184> \{Tomoyo}"And it sounded like you had a stick up your butt. Do it more naturally."
// <0185> \{智代}「次は鷹文っ」 // <0185> \{智代}「次は鷹文っ」
<0185> \{Tomoyo}"Next is Takafumi!" <0185> \{Tomoyo}"You're up, Takafumi."
// <0186> 俺と入れ替わり、クマの着ぐるみが歩行を始める。 // <0186> 俺と入れ替わり、クマの着ぐるみが歩行を始める。
<0186> The bear costume changes places with me, and started walking. <0186> The bear changes places with me and starts walking.
// <0187> \{朋也}「わははははっ、おまえ、無茶苦茶直立してるぞっ、すげぇ姿勢のいいクマだな!」 // <0187> \{朋也}「わははははっ、おまえ、無茶苦茶直立してるぞっ、すげぇ姿勢のいいクマだな!」
<0187> \{Tomoya}"Wahahahaha! Dude, you look like you have a stick up your butt! This bear's got some good posture!" <0187> \{Tomoya}"Wahahahaha! Dude, you look like you have a stick up your butt! This bear's got some good posture!」
// <0188> \{智代}「おまえが笑うな」 // <0188> \{智代}「おまえが笑うな」
<0188> \{Tomoyo}"Don't you laugh." <0188> \{Tomoyo}"Don't laugh."
// <0189> クマは木の枝に向かってパンチを繰り出す。凶暴さをアピールしているようだ。 // <0189> クマは木の枝に向かってパンチを繰り出す。凶暴さをアピールしているようだ。
<0189> The bear throws a punch at a tree branch. It looks to be showing off its ferociousness. <0189> The bear throws a punch at a tree branch. I guess it's showing off its ferociousness.
// <0190> \{朋也}「ばーか、それだって、人間のパンチじゃないかよ」 // <0190> \{朋也}「ばーか、それだって、人間のパンチじゃないかよ」
<0190> \{Tomoya}"You moron, wasn't that like, a human's punch?" <0190> \{Tomoya}"You moron. Wasn't that, like, a human's punch?"
// <0191> \{朋也}「こうだよ、こうっ」 // <0191> \{朋也}「こうだよ、こうっ」
<0191> \{Tomoya}"It's like this. Like this!" <0191> \{Tomoya}"Do it like this. Like this!」
// <0192> フック気味にパンチを繰り出す。 // <0192> フック気味にパンチを繰り出す。
<0192> I throw a hook punch. <0192> I throw a hook.
// <0193> クマも振り返って、同じようにする。 // <0193> クマも振り返って、同じようにする。
<0193> The bear turns around, and does the same too. <0193> The bear turns around and does the same.
// <0194> すぱーん!と俺のパンダの顎にヒットした。 // <0194> すぱーん!と俺のパンダの顎にヒットした。
<0194> Smack! It made a hit on the jaw of my panda. <0194> *smack* The bear's fist strikes the panda's jaw.
// <0195> \{朋也}「お、やってくれるな」 // <0195> \{朋也}「お、やってくれるな」
<0195> \{Tomoya}"Oh, you're coming along." <0195> \{Tomoya}"Oh, you're coming along."
// <0196> しゅっ… // <0196> しゅっ...
<0196> Whoosh... <0196> *Whoosh*
// <0197> すぱーんっ! // <0197> すぱーんっ!
<0197> Smack! <0197> *Smack*
// <0198> 殴り返す。(needs retranslation) // <0198> 殴り返す
<0198> It strikes. <0198> A blow lands.
// <0199> しゅっ… // <0199> しゅっ...
<0199> Whoosh... <0199> *Whoosh*
// <0200> ぱーんっ! // <0200> ぱーんっ!
<0200> Bam! <0200> *Bam*
// <0201> また返される。(needs retranslation) // <0201> また返される。)
<0201> It is returned again. <0201> It is returned.
// <0202> すぱーんっ!  // <0202> すぱーんっ! 
<0202> Smack! <0202> *Smack*
// <0203> すぱーんっ!  // <0203> すぱーんっ! 
<0203> Smack!  <0203> *Smack*
// <0204> すぱーんっ!  // <0204> すぱーんっ! 
<0204> Smack!  <0204> *Smack*
// <0205> すぱーんっ!  // <0205> すぱーんっ! 
<0205> Smack! <0205> *Smack*
// <0206> ぼごっ!  // <0206> ぼごっ! 
<0206> Bash! <0206> *Smack*
// <0207> どぐっ!  // <0207> どぐっ! 
<0207> Whack! <0207> *Whack*
// <0208> どごっ!  // <0208> どごっ! 
<0208> Wham! <0208> *Wham*
// <0209> どぐっ!  // <0209> どぐっ! 
<0209> Wham! <0209> *Wham*
// <0210> べきっ!  // <0210> べきっ! 
<0210> Whop! <0210> *Whop*
// <0211> ばきっ!  // <0211> ばきっ! 
<0211> Clobber! <0211> *Clobber*
// <0212> ぼきっ!  // <0212> ぼきっ! 
<0212> Swat! <0212> *Swat*
// <0213> べきっ!  // <0213> べきっ! 
<0213> Whop! <0213> *Whop*
// <0214> ばきっ!  // <0214> ばきっ! 
<0214> lobber! <0214> *Clobber*
// <0215> ぼきっ! // <0215> ぼきっ!
<0215> Swat! <0215> *Swap*
// <0216> 殴り合いになる。 // <0216> 殴り合いになる。
<0216> It turns into a fist fight. <0216> It turns into a fistfight.
// <0217> \{とも}「うわー、なんかけんかしてるっ!」 // <0217> \{とも}「うわー、なんかけんかしてるっ!」
<0217> \{Tomo}"Waaah, they're fighting over something!" <0217> \{Tomo}"Waaah, they're fighting over something!」
// <0218> \{とも}「パパーーっ! ママーーっ!」 // <0218> \{とも}「パパーーっ! ママーーっ!」
<0218> \{Tomo}"Papaaa! Mamaaa!" <0218> \{Tomo}"Papaaa! Mamaaa!」
// <0219> ………。 // <0219> .........。
<0219> ......... <0219> .........
// <0220> \{智代}「…お、おまえらは…」 // <0220> \{智代}「...お、おまえらは...」
<0220> \{Tomoyo}"...Y-You two..." <0220> \{Tomoyo}"Y-you two..."
// <0221> \{智代}「…何が起きたか、わかってるのか…」 // <0221> \{智代}「...何が起きたか、わかってるのか...」
<0221> \{Tomoyo}"...Do you understand, what happened...?" <0221> \{Tomoyo}"Do you have any idea what just happened...?」
// <0222> 俺は着ぐるみの頭を持ち上げて、顔を外気にさらす。 // <0222> 俺は着ぐるみの頭を持ち上げて、顔を外気にさらす。
<0222> I take off the head of the costume, exposing my face to the open air. <0222> I take off the head, exposing my face to the fresh air.
// <0223> \{朋也}「よく見えなかったが、どうやら、ともがいたみたいだな。もういないのか?」 // <0223> \{朋也}「よく見えなかったが、どうやら、ともがいたみたいだな。もういないのか?」
<0223> \{Tomoya}"I couldn't get a good look, but it would look Tomo was here. Is she gone now?" <0223> \{Tomoya}"I couldn't get a good look, but it looks like Tomo was here. Is she gone now?"
// <0224> \{智代}「ああ…逃げていった」 // <0224> \{智代}「ああ...逃げていった」
<0224> \{Tomoyo}"Yeah... She ran off." <0224> \{Tomoyo}"Yeah... she ran off."
// <0225> \{智代}「おまえらの、殴り合いを見てな…」 // <0225> \{智代}「おまえらの、殴り合いを見てな...」
<0225> \{Tomoyo}"Since she saw you two's fight..." <0225> \{Tomoyo}"Because she saw you two fight..."
// <0226> \{朋也}「どうでもいいが、これで殴り合うと、楽しいな。痛くないし。な、鷹文」 // <0226> \{朋也}「どうでもいいが、これで殴り合うと、楽しいな。痛くないし。な、鷹文」
<0226> \{Tomoya}"Doesn't matter, but when fighting like this, it's fun, since it doesn't hurt. Right, Takafumi?" <0226> \{Tomoya}"Doesn't matter. It's fun to fight like this because it doesn't hurt. Right, Takafumi?"
// <0227> \{智代}「殴り合うなあぁぁーーっ!」 // <0227> \{智代}「殴り合うなあぁぁーーっ!」
<0227> \{Tomoyo}"DON'T FIIIGHT!" <0227> \{Tomoyo}"DON'T FIIIGHT!」
// <0228> \{朋也}「今、唾とんだ」 // <0228> \{朋也}「今、唾とんだ」
<0228> \{Tomoya}"You spat all over me now." <0228> \{Tomoya}"You spat all over me."
// <0229> \{智代}「ああ、悪い…どこだ、ここか…」 // <0229> \{智代}「ああ、悪い...どこだ、ここか...」
<0229> \{Tomoyo}"Oh, sorry... Where, is it here...?" <0229> \{Tomoyo}"Oh, sorry. Where is it, here...?」
// <0230> 顔を指で拭いてくれる。 // <0230> 顔を指で拭いてくれる。
<0230> She wipes it off my face. <0230> She wipes it off my face.
// <0231> \{智代}「あと、どうでもいいって言うなあぁぁーーーっ!」 // <0231> \{智代}「あと、どうでもいいって言うなあぁぁーーーっ!」
<0231> \{Tomoyo}"Wait, DON'T SAY IT DOESN'T MATTEEER!" <0231> \{Tomoyo}"Wait, DON'T SAY IT DOESN'T MATTERRR!」
// <0232> \{朋也}「忙しい奴だな…」 // <0232> \{朋也}「忙しい奴だな...」
<0232> \{Tomoya}"You're the busy lass..." <0232> \{Tomoya}"You're quite the busybody, aren't you?"
// <0233> \{智代}「大事なことなんだぞ、これはっ」 // <0233> \{智代}「大事なことなんだぞ、これはっ」
<0233> \{Tomoyo}"This is important, you know!" <0233> \{Tomoyo}"This is important, you know!」
// <0234> \{智代}「ともの夢が壊れてしまうじゃないか…」 // <0234> \{智代}「ともの夢が壊れてしまうじゃないか...」
<0234> \{Tomoyo}"Isn't Tomo's dream going to be destroyed...?" <0234> \{Tomoyo}"Isn't Tomo's dream going to be destroyed...?」
// <0235> \{智代}「私たちが守らなくて、誰が守るんだっ」 // <0235> \{智代}「私たちが守らなくて、誰が守るんだっ」
<0235> \{Tomoyo}"If we aren't going to protect it, who will?!" <0235> \{Tomoyo}"If we aren't going to protect it, who will?!」
// <0236> 俺と鷹文が同時に、智代を指さす。 // <0236> 俺と鷹文が同時に、智代を指さす。
<0236> Takafumi and I point at Tomoyo, at the same time. <0236> Takafumi and I point at Tomoyo simultaneously.
// <0237> \{智代}「なんなんだっ! そんなときだけ打ち合わせしたように合わせるなっ」 // <0237> \{智代}「なんなんだっ! そんなときだけ打ち合わせしたように合わせるなっ」
<0237> \{Tomoyo}"What the hell?! Don't point your fingers at me together at the same time! It looks like you two have already arranged it beforehand!"* <0237> \{Tomoyo}"What the hell?! Don't point your fingers at me like that! It looks like you arranged it beforehand!」
// <0238> \{智代}「もういい…」 // <0238> \{智代}「もういい...」
<0238> \{Tomoyo}"Forget this..." <0238> \{Tomoyo}"Forget this..."
// <0239> \{智代}「おまえたちに期待した私が馬鹿だった…」 // <0239> \{智代}「おまえたちに期待した私が馬鹿だった...」
<0239> \{Tomoyo}"I was stupid to expect anything from you two..." <0239> \{Tomoyo}"I was stupid to expect anything from you two..."
// <0240> \{智代}「ともの夢は私ひとりで守る…」 // <0240> \{智代}「ともの夢は私ひとりで守る...」
<0240> \{Tomoyo}"I'll protect Tomo's dream by myself..." <0240> \{Tomoyo}"I'll protect Tomo's dream by myself..."
// <0241> \{智代}「脱げ…ひとり二役でも、なんでもこなしてみせる…」 // <0241> \{智代}「脱げ...ひとり二役でも、なんでもこなしてみせる..."\」
<0241> \{Tomoyo}"Take them off... Even if it's a double role, I'll show you that it'll be a breeze for me..."* <0241> \{Tomoyo}"Take them off. Even if it's a double role, I'll show you that it's a breeze for me..."
// <0242> \{智代}「素早く動けば、残像が残って、クマとパンダ、ふたり同時にいるように見えるだろ…」 // <0242> \{智代}「素早く動けば、残像が残って、クマとパンダ、ふたり同時にいるように見えるだろ...」
<0242> \{Tomoyo}"If I move swiftly, only my afterimage will remain, and it'll look like both the bear and panda are there at the same time..." <0242> \{Tomoyo}"If I move swiftly, only my after-image will remain. It'll look like the bear and panda are there at the same time..."
// <0243> \{朋也}「いくらおまえでも無理だからさ…」 // <0243> \{朋也}「いくらおまえでも無理だからさ...」
<0243> \{Tomoya}"That's impossible, even for you, y'know..." <0243> \{Tomoya}"That's impossible even for you, y'know..."
// <0244> \{鷹文}「冗談だよ、ねぇちゃん」 // <0244> \{鷹文}「冗談だよ、ねぇちゃん」
<0244> \{Takafumi}"It was a joke, Nee-chan."* <0244> \{Takafumi}"It was a joke, Nee-chan."
// <0245> 鷹文も頭を取る。 // <0245> 鷹文も頭を取る。
<0245> Takafumi takes off the head as well. <0245> Takafumi takes off the head as well.
// <0246> \{智代}「すでに、冗談になっていないっ」 // <0246> \{智代}「すでに、冗談になっていないっ」
<0246> \{Tomoyo}"It's no joke any longer!"* <0246> \{Tomoyo}"It's not a joke anymore!」
// <0247> \{鷹文}「これから仲のいいところを見せるからさ」 // <0247> \{鷹文}「これから仲のいいところを見せるからさ」
<0247> \{Takafumi}"We'll show her that we're getting along starting from now, you will see." <0247> \{Takafumi}"We'll show her that we're getting along from now on. You'll see."
// <0248> \{智代}「本当だろうな…」 // <0248> \{智代}「本当だろうな...」
<0248> \{Tomoyo}"I wonder if you're telling the truth..." <0248> \{Tomoyo}"I wonder whether you're telling the truth..."
// <0249> \{鷹文}「信用ないなあ」 // <0249> \{鷹文}「信用ないなあ」
<0249> \{Takafumi}"You don't trust me, huh." <0249> \{Takafumi}"You don't trust me, huh?"
// <0250> \{智代}「あるわけないだろ」 // <0250> \{智代}「あるわけないだろ」
<0250> \{Tomoyo}"There's no way I would." <0250> \{Tomoyo}"There's no way I would."
// <0251> \{朋也}「はっはっは、弟のくせに」 // <0251> \{朋也}「はっはっは、弟のくせに」
<0251> \{Tomoya}"Ha ha ha, despite being her little brother." <0251> \{Tomoya}"Hahaha, despite being her little brother."
// <0252> \{智代}「おまえもだ」 // <0252> \{智代}「おまえもだ」
<0252> \{Tomoyo}"I don't trust you either." <0252> \{Tomoyo}"I don't trust you, either."
// <0253> がーーーーん… // <0253> がーーーーん...
<0253> GOOONNGG... <0253> GOOONNNNGG!
// <0254> \{鷹文}「ははは、彼氏のくせに」 // <0254> \{鷹文}「ははは、彼氏のくせに」
<0254> \{Takafumi}"Hahaha, despite being her boyfriend." <0254> \{Takafumi}"Hahaha, despite being her boyfriend."
// <0255> ぼかっとクマの腹を殴ってやる。 // <0255> ぼかっとクマの腹を殴ってやる。
<0255> (Whack) I strike the bear's gut. <0255> *Whack* I strike the bear in the gut.
// <0256> \{智代}「殴るなぁぁーーっ!」 // <0256> \{智代}「殴るなぁぁーーっ!」
<0256> \{Tomoyo}"DON'T HIT HIIIM!" <0256> \{Tomoyo}"DON'T HIT HIIIIIIM!」
// <0257> \{朋也}「また唾とんだ」 // <0257> \{朋也}「また唾とんだ」
<0257> \{Tomoya}"You spit your saliva all over me again..." <0257> \{Tomoya}"You spat all over me again..."
// <0258> \{智代}「ああ、悪い… // <0258> \{智代}「ああ、悪い...
<0258> \{Tomoyo}"Oh, sorry... <0258> \{Tomoyo}"Oh, sorry..."
// <0259> って、もういいっ」 // <0259> って、もういいっ」
<0259> Wait, forget it!" <0259> \{Tomoyo}"Wait, forget it!」
// <0260> \{智代}「いいか、これからおまえたちがボケたら、これで突っ込んでやるからな」 // <0260> \{智代}「いいか、これからおまえたちがボケたら、これで突っ込んでやるからな」
<0260> \{Tomoyo}"Listen, if you're going to be silly from here on, I'm going to cut in with this." <0260> \{Tomoyo}"Listen, if you're going to be silly, I'm going to cut in with this."
// <0261> 智代の手にはお手製のハリセン。 // <0261> 智代の手にはお手製のハリセン。
<0261> In Tomoyo's hand, a huge, handmade paper fan. <0261> In Tomoyo's hand is a huge, handmade paper fan.
// <0262> \{朋也}「というか、ボケるつもりはないんだが」 // <0262> \{朋也}「というか、ボケるつもりはないんだが」
<0262> \{Tomoya}"I mean, we're not planning to be silly." <0262> \{Tomoya}"We didn't intend to be silly."
// <0263> \{鷹文}「ボケてたつもりもないしね」 // <0263> \{鷹文}「ボケてたつもりもないしね」
<0263> \{Takafumi}"On second thought,I don't think we were being silly either though."* <0263> \{Takafumi}"On second thought, I don't think we were being silly, either."
// <0264> すぱーーーんっ! // <0264> すぱーーーんっ!
<0264> SSSMMAAACK! <0264> *Smack*
// <0265> と鷹文がはたかれる。 // <0265> と鷹文がはたかれる。
<0265> Takafumi is clobbered. <0265> Takafumi is clobbered.
// <0266> \{智代}「うん、今のはいいボケだったな」 // <0266> \{智代}「うん、今のはいいボケだったな」
<0266> \{Tomoyo}"Yeah, that was good silliness."* <0266> \{Tomoyo}"Yeah, that was definitely some silliness."
// <0267> \{朋也}「天然も含まれるそうだぞ」 // <0267> \{朋也}「天然も含まれるそうだぞ」
<0267> \{Tomoya}"Seems like he's a natural at it too.."* <0267> \{Tomoya}"Seems like he's a natural at it, too."
// <0268> \{鷹文}「あと、かなり痛い…」 // <0268> \{鷹文}「あと、かなり痛い...」
<0268> \{Takafumi}"That hurt quite a bit..." <0268> \{Takafumi}"That hurt quite a bit..."
// <0269> \{智代}「だったら早く頭をかぶれ」 // <0269> \{智代}「だったら早く頭をかぶれ」
<0269> \{Tomoyo}"Then put on the head quickly." <0269> \{Tomoyo}"Then put on the head, already."
// <0270> \{朋也}「頭かぶると、相手の声、聞こえづらくなるから気をつけろ」 // <0270> \{朋也}「頭かぶると、相手の声、聞こえづらくなるから気をつけろ」
<0270> \{Tomoya}"When you've got the head on, it'll be too hard to hear each other's voice, so be careful." <0270> \{Tomoya}"When you've got the head on, it's hard to hear each other's voices, so be careful."
// <0271> \{鷹文}「オーケー、身振り手振りで伝えるよ」 // <0271> \{鷹文}「オーケー、身振り手振りで伝えるよ」
<0271> \{Takafumi}"Okay, we'll communicate with gestures." <0271> \{Takafumi}"OK, we'll communicate with gestures."
// <0272> \{智代}「ほら、早くしろ。今もともの頭の中では、クマとパンダが喧嘩したまんまなんだぞ」 // <0272> \{智代}「ほら、早くしろ。今もともの頭の中では、クマとパンダが喧嘩したまんまなんだぞ」
<0272> \{Tomoyo}"Look, get a move on. Even now, in Tomo's head, the bear and the panda have only fought." <0272> \{Tomoyo}"Look, get a move on. Even now, in Tomo's head, the bear and panda are fighting."
// <0273> 智代に急かされ、俺と鷹文は頭をかぶり、動物と化す。 // <0273> 智代に急かされ、俺と鷹文は頭をかぶり、動物と化す。
<0273> Being urged by Tomoyo, Takafumi and I put on the heads, and change into animals. <0273> Urged by Tomoyo, Takafumi and I put on the heads and become animals again.
// <0274> \{智代}「のっそり歩け。そうそう。いい感じだ」 // <0274> \{智代}「のっそり歩け。そうそう。いい感じだ」
<0274> \{Tomoyo}"Walk sluggishly. Yeah. That's about right." <0274> \{Tomoyo}"Walk sluggishly. Yeah, that's about right."
// <0275> のっそりと歩いていく。 // <0275> のっそりと歩いていく。
<0275> We walk off sluggishly. <0275> We walk off sluggishly.
// <0276> \{とも}「あ、ママ、さがしてたっ」 // <0276> \{とも}「あ、ママ、さがしてたっ」
<0276> \{Tomo}"Ah, Mama, I was looking for you!" <0276> \{Tomo}"Ah, Mama, I was looking for you!」
// <0277> \{智代}「どうしたんだ、とも」 // <0277> \{智代}「どうしたんだ、とも」
<0277> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?" <0277> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?"
// <0278> \{とも}「わー、さっきのがはいってきてるっ」 // <0278> \{とも}「わー、さっきのがはいってきてるっ」
<0278> \{Tomo}"Waaah, that earlier went inside!"* <0278> \{Tomo}"Waaah, the bear and panda from before are coming in!!」
// <0279> \{智代}「ああ、恐がることはないぞ。さっきともが見たのは、ただふざけていただけなんだ」 // <0279> \{智代}「ああ、恐がることはないぞ。さっきともが見たのは、ただふざけていただけなんだ」
<0279> \{Tomoyo}"Oh, there's nothing to be afraid of. What you saw ealier, Tomo, was just them screwing around." <0279> \{Tomoyo}"Oh, there's nothing to be afraid of. They were just playing around."
// <0280> \{智代}「実はとても仲がいいんだ、こいつらは」 // <0280> \{智代}「実はとても仲がいいんだ、こいつらは」
<0280> \{Tomoyo}"They're actually getting along very well." <0280> \{Tomoyo}"They're actually getting along very well."
// <0281> \{智代}「なっ」 // <0281> \{智代}「なっ」
<0281> \{Tomoyo}「"Right?!" <0281> \{Tomoyo}"Right?!」
// <0282> \{クマ}「………」 // <0282> \{クマ}「.........」
<0282> \{Bear}"........." <0282> \{Bear}"..."
// <0283> \{パンダ}「………」 // <0283> \{パンダ}「.........」
<0283> \{Panda}"........." <0283> \{Panda}"..."
// <0284> 棒立ちのふたり。 // <0284> 棒立ちのふたり。
<0284> The two of us stand upright. <0284> We stand upright.
// <0285> \{智代}「………」 // <0285> \{智代}「.........」
<0285> \{Tomoyo}"........." <0285> \{Tomoyo}"..."
// <0286> 智代の頬が震えている気がする。 // <0286> 智代の頬が震えている気がする。
<0286> Something tells me Tomoyo's cheeks are trembling. <0286> Something tells me Tomoyo's cheeks are trembling.
// <0287> 何かしないとまずそうだ。 // <0287> 何かしないとまずそうだ。
<0287> It'll be bad if we don't do anything, it seems. <0287> It'll be bad if we don't do anything, it seems.
// <0288> 仲のよさを証明せねば。 // <0288> 仲のよさを証明せねば。
<0288> I have to prove that we're on good terms. <0288> I have to prove that we're getting along.
// <0289> 俺はクマを座らせてから、押し倒す。 // <0289> 俺はクマを座らせてから、押し倒す。
<0289> After making it sit, I push down the bear. <0289> I push the bear down to make it sit.
// <0290> すぱーーーーんっ! // <0290> すぱーーーーんっ!
<0290> SSSMMAAACK! <0290> *Smack*
// <0291> 殴られた。 // <0291> 殴られた。
<0291> I was struck. <0291> I've been struck.
// <0292> 今ので伝わる智代もすごいが。 // <0292> 今ので伝わる智代もすごいが。
<0292> Amazing that Tomoyo caught onto my actions.* <0292> It's amazing how quickly Tomoyo reacted to my actions.
// <0293> \{とも}「どうしたの?」 // <0293> \{とも}「どうしたの?」
<0293> \{Tomo}"What's wrong?" <0293> \{Tomo}"What's wrong?"
// <0294> \{智代}「こいつらがボケたから突っ込んだだけだ。これはお決まりだ。気にするな」 // <0294> \{智代}「こいつらがボケたから突っ込んだだけだ。これはお決まりだ。気にするな」
<0294> \{Tomoyo}"They were being silly, so I just cut in. It's a routine. Nevermind it."* <0294> \{Tomoyo}"They were being silly, so I cut in. It's a routine. Don't worry about it."
// <0295> \{智代}「さて、今度は本当に仲の良さを見せてくれるぞ」 // <0295> \{智代}「さて、今度は本当に仲の良さを見せてくれるぞ」
<0295> \{Tomoyo}"Now, this time they'll really show us that they're getting along." <0295> \{Tomoyo}"This time, they'll really show us that they're getting along."
// <0296> そう言われても… // <0296> そう言われても...
<0296> We don't need to be told to... <0296> We don't need to be told...
// <0297> 俺はクマを見る。クマは小首を傾げ、腕組みをした。 // <0297> 俺はクマを見る。クマは小首を傾げ、腕組みをした。
<0297> I look at the bear. The bear tilted its head, and folded its arms. <0297> I look at the bear, which tilts its head and folds its arms.
// <0298> 俺も腕組みをして考えてみる。 // <0298> 俺も腕組みをして考えてみる。
<0298> I cross my arms as well, and try to think of something. <0298> I cross my arms and try to think of something.
// <0299> \{クマ}「………」 // <0299> \{クマ}「.........」
<0299> \{Bear}"........." <0299> \{Bear}"..."
// <0300> \{パンダ}「………」 // <0300> \{パンダ}「.........」
<0300> \{Panda}"........." <0300> \{Panda}"..."
// <0301> \{とも}「…かんがえごとしてる」 // <0301> \{とも}「...かんがえごとしてる」
<0301> \{Tomo}"...They're in deep thought." <0301> \{Tomo}"...They're deep in thought."
// <0302> \{智代}「そうだな…」 // <0302> \{智代}「そうだな...」
<0302> \{Tomoyo}"Yeah..." <0302> \{Tomoyo}"Yeah..."
// <0303> \{とも}「なにかんがえてるんだろ」 // <0303> \{とも}「なにかんがえてるんだろ」
<0303> \{Tomo}"I wonder what they're thinking about." <0303> \{Tomo}"I wonder what they're thinking about."
// <0304> \{智代}「きっと楽しいことだぞ。何をして遊ぼうか、とかな」 // <0304> \{智代}「きっと楽しいことだぞ。何をして遊ぼうか、とかな」
<0304> \{Tomoyo}"Must be something fun. Something along the lines would be what they shall do to have fun." <0304> \{Tomoyo}"It must be something fun. Something along the lines of, 'What should we do to have fun?'」
// <0305> \{クマ}「………」 // <0305> \{クマ}「.........」
<0305> \{Bear}"........." <0305> \{Bear}"..."
// <0306> \{パンダ}「………」 // <0306> \{パンダ}「.........」
<0306> \{Panda}"........." <0306> \{Panda}"..."
// <0307> \{クマ}「………」 // <0307> \{クマ}「.........」
<0307> \{Bear}"........." <0307> \{Bear}"..."
// <0308> ふたりとも身じろぎひとつしない。 // <0308> ふたりとも身じろぎひとつしない。
<0308> Neither of us move. <0308> Neither of us moves.
// <0309> \{とも}「そんなたのしいことかんがえてなさそー…」 // <0309> \{とも}「そんなたのしいことかんがえてなさそー...」
<0309> \{Tomo}"It doesn't seem like they're thinking about something fun like that..." <0309> \{Tomo}"That doesn't seem to be what they are thinking about..."
// <0310> すぱーーーーんっ! // <0310> すぱーーーーんっ!
<0310> SSSMMAAACK! <0310> *Smack*
// <0311> 突っ込みがきた。 // <0311> 突っ込みがきた。
<0311> The retort came. <0311> The punishment comes.
// <0312> ふたりして、だってぇ、と両腕を開いて、智代に抗議する。 // <0312> ふたりして、だってぇ、と両腕を開いて、智代に抗議する。
<0312> We uncross our arms, protesting against Tomoyo. <0312> We uncross our arms, protesting against Tomoyo's violence.
// <0313> ああ、わかった、わかった、と智代が頷く。 // <0313> ああ、わかった、わかった、と智代が頷く。
<0313> "Yeah, I got it, I got it", Tomoyo nods. <0313> Yeah, I got it, I got it, Tomoyo nods.
// <0314> \{智代}「実はこのパンダとクマは、芸ができるんだ」 // <0314> \{智代}「実はこのパンダとクマは、芸ができるんだ」
<0314> \{Tomoyo}"Actually, this panda and bear can do tricks." <0314> \{Tomoyo}"Actually, this panda and bear can do tricks."
// <0315> \{とも}「どんな?」 // <0315> \{とも}「どんな?」
<0315> \{Tomo}"Like?" <0315> \{Tomo}"Like what?"
// <0316> \{智代}「組体操」 // <0316> \{智代}「組体操」
<0316> \{Tomoyo}"Group exercises." <0316> \{Tomoyo}"Group exercises."
// <0317> \{とも}「くみたいそう?」 // <0317> \{とも}「くみたいそう?」
<0317> \{Tomo}"Group exercises?" <0317> \{Tomo}"Group exercises?"
// <0318> \{智代}「ああ。ふたりで協力して、扇の形を作るぞ。扇とはこういう扇子の形だな」 // <0318> \{智代}「ああ。ふたりで協力して、扇の形を作るぞ。扇とはこういう扇子の形だな」
<0318> \{Tomoyo}"Yeah. By working together, they can become the shape of a fan. A small fan like this one."* <0318> \{Tomoyo}"Yeah. By working together, they can make the shape of a fan. A small fan like this one."
// <0319> \{智代}「よく見てるんだぞ、とも」 // <0319> \{智代}「よく見てるんだぞ、とも」
<0319> \{Tomoyo}"You better watch closely, Tomo." <0319> \{Tomoyo}"You'd better watch closely, Tomo."
// <0320> \{とも}「うん」 // <0320> \{とも}「うん」
<0320> \{Tomo}"Uh-huh." <0320> \{Tomo}"Uh huh."
// <0321> …ふたりでできるのか、あれ。 // <0321> ...ふたりでできるのか、あれ。
<0321> ...Can the two of us do that? <0321> ...Can the two of us do that?
// <0322> クマと目を合わせる。その顔が頷く。 // <0322> クマと目を合わせる。その顔が頷く。
<0322> I make eye contact with the bear. Its face nods. <0322> I make eye contact with the bear. It nods.
// <0323> ここは言うとおりにしよう、ということだ。 // <0323> ここは言うとおりにしよう、ということだ。
<0323> It means, let's do what she says. <0323> In other words: Let's do what she says.
// <0324> 俺はクマと手を握り合う。 // <0324> 俺はクマと手を握り合う。
<0324> The bear and I grab each other's hands. <0324> The bear and I grab each other's hands.
// <0325> \{とも}「わあ、てつないだよっ」 // <0325> \{とも}「わあ、てつないだよっ」
<0325> \{Tomo}"Whoa, they're holding hands!" <0325> \{Tomo}"Whoa, they're holding hands!」
// <0326> \{智代}「うん、仲がいいんだ」 // <0326> \{智代}「うん、仲がいいんだ」
<0326> \{Tomoyo}"Yeah, they're on good terms, you see." <0326> \{Tomoyo}"Yeah. They're getting along, you see."
// <0327> ふたり肩を並べて、お互いの内側の足を支点にして、右と左に体重を掛け合う。 // <0327> ふたり肩を並べて、お互いの内側の足を支点にして、右と左に体重を掛け合う。
<0327> Lining up our shoulders, we use each other's feet inside as support, and shift our body weight to the left and right. <0327> Lining up our shoulders, we use each other's feet as support and shift our body weights to the left and right.
// <0328> \{智代}「ほら、これが扇だ」 // <0328> \{智代}「ほら、これが扇だ」
<0328> \{Tomoyo}"Look, this is a fan." <0328> \{Tomoyo}"Look, this is a fan."
// <0329> びりっ。 // <0329> びりっ。
<0329> Rip. <0329> *Rip*
// <0330> …びりっ? // <0330> ...びりっ?
<0330> ...Rip? <0330> ...Rip?
// <0331> その音と共に、力が抜けたようにふたりは倒れてしまう。 // <0331> その音と共に、力が抜けたようにふたりは倒れてしまう。
<0331> Together with that sound, the two of us collapse as if we lost our strength. <0331> With that sound, we collapse as if we had lost our strength.
// <0332> 視界の先、俺の手の中に、クマの片手だけがあった。 // <0332> 視界の先、俺の手の中に、クマの片手だけがあった。
<0332> At first sight, was one of the bear's hands, in my hand. <0332> One of the bear's paws is in my hand.
// <0333> \{とも}「うわーっ、て、とれたっ!」 // <0333> \{とも}「うわーっ、て、とれたっ!」
<0333> \{Tomo}"Waaah! I-It came off!" <0333> \{Tomo}"Waaah! I-it came off!」
// <0334> \{とも}「うわっ、なんか、なかみでてるっ!」 // <0334> \{とも}「うわっ、なんか、なかみでてるっ!」
<0334> \{Tomo}"Wah! Something, the contents are coming out!"* <0334> \{Tomo}"Wah! Something's coming out!」
// <0335> \{とも}「うわー、うわー!」 // <0335> \{とも}「うわー、うわー!」
<0335> \{Tomo}"Waaah! Waaah!" <0335> \{Tomo}"Waaah! Waaah!」
// <0336> 視界が揺れてる。 // <0336> 視界が揺れてる。
<0336> My field of vision is shaky. <0336> My field of vision shakes.
// <0337> ともの叫び声が遠ざかっていく。 // <0337> ともの叫び声が遠ざかっていく。
<0337> Tomo's cries becomes distant. <0337> Tomo's cries fade into the distance.
// <0338> 気づくと、外にいた。 // <0338> 気づくと、外にいた。
<0338> I was outside, when I noticed.* <0338> I'm outside when I come to.
// <0339> \{智代}「はぁ…はぁ…」 // <0339> \{智代}「はぁ...はぁ...」
<0339> \{Tomoyo}"Haah... haah..." <0339> \{Tomoyo}"Haah... haah..."
// <0340> \{智代}「新たなトラウマを与えるなあぁぁーーっ!」 // <0340> \{智代}「新たなトラウマを与えるなあぁぁーーっ!」
<0340> \{Tomoyo}"DON'T GIVE HER NEW TRAUMAAAAAAS!" <0340> \{Tomoyo}"DON'T CAUSE HER MORE TRAUMAAAAAA!」
// <0341> すぱぱーーーんっ!とふたり同時に叩かれる。 // <0341> すぱぱーーーんっ!とふたり同時に叩かれる。
<0341> SSSMMACK-SMACK! The two of us are clobbered at the same time. <0341> *Smack* *Smack* The two of us are clobbered at the same time.
// <0342> \{朋也}「いや、だって、おまえの案だろ」 // <0342> \{朋也}「いや、だって、おまえの案だろ」
<0342> \{Tomoya}"Well, y'know, wasn't it your idea?" <0342> \{Tomoya}"Well, you know, wasn't it your idea?"
// <0343> 俺と鷹文は頭部をはずして、胸に抱える。 // <0343> 俺と鷹文は頭部をはずして、胸に抱える。
<0343> Takafumi and I take off the heads, and hold them to our chests. <0343> Takafumi and I take off our costume heads and hold them at chest level.
// <0344> \{鷹文}「次は手に包帯してたら自然じゃない?」 // <0344> \{鷹文}「次は手に包帯してたら自然じゃない?」
<0344> \{Takafumi}"Wouldn't it be fine if we just re-attach the hand?" <0344> \{Takafumi}"Wouldn't it be fine if we just reattach the hand?"
// <0345> \{智代}「手をとれたままにするなっ!」 // <0345> \{智代}「手をとれたままにするなっ!」
<0345> \{Tomoyo}"Don't you leave the hand removed!" <0345> \{Tomoyo}"Don't leave the hand removed!」
// <0346> \{朋也}「またくっついてたほうが恐いだろ」 // <0346> \{朋也}「またくっついてたほうが恐いだろ」
<0346> \{Tomoya}"It'd be more frightening if the hand was on again, wouldn't it?" <0346> \{Tomoya}"It'd be more frightening if she sees we've reattached it, wouldn't it?"
// <0347> \{智代}「なかったことにするんだ。私が縫い直しておくから」 // <0347> \{智代}「なかったことにするんだ。私が縫い直しておくから」
<0347> \{Tomoyo}"I'll make it so it never happened. I'll sew it back on." <0347> \{Tomoyo}"I'll make it so it never happened. I'll sew it back on."
// <0348> \{智代}「今日は終わりだ」 // <0348> \{智代}「今日は終わりだ」
<0348> \{Tomoyo}"We're done for the day." <0348> \{Tomoyo}"We're done for the day."
// <0349> ともに夢を見せるのは失敗に終わったようだった。 // <0349> ともに夢を見せるのは失敗に終わったようだった。
<0349> It looked like our failure of letting Tomo dream was over. <0349> It looks like our failure -- letting Tomo dream's die -- is over.
// <0350> \{とも}「ママ、ぶじだった!」 // <0350> \{とも}「ママ、ぶじだった!」
<0350> \{Tomo}"Mama, you were safe!" <0350> \{Tomo}"Mama, you're safe!」
// <0351> 部屋に戻ると、すぐともが智代の元まで飛んでくる。 // <0351> 部屋に戻ると、すぐともが智代の元まで飛んでくる。
<0351> When we return to the room, Tomo immediately leaps to Tomoyo's side. <0351> When we return to the room, Tomo leaps to Tomoyo's side.
// <0352> \{智代}「ああ、無事だぞ。どうしたんだ?」 // <0352> \{智代}「ああ、無事だぞ。どうしたんだ?」
<0352> \{Tomoyo}"Yeah, I'm safe. What's wrong?" <0352> \{Tomoyo}"Yeah, I'm safe. What's wrong?"
// <0353> \{とも}「さっきのクマとパンダ、すごくこわかった」 // <0353> \{とも}「さっきのクマとパンダ、すごくこわかった」
<0353> \{Tomo}"The bear and the panda from earlier was awfully scary." <0353> \{Tomo}"The bear and the panda from earlier were awfully scary."
// <0354> \{智代}「今日はおかしかったけど、普段はいい奴らなんだ。また今度遊ぼうと言ってたぞ」 // <0354> \{智代}「今日はおかしかったけど、普段はいい奴らなんだ。また今度遊ぼうと言ってたぞ」
<0354> \{Tomoyo}"They were odd today, but they're usually nice guys. They said that you should play again with them some other time." <0354> \{Tomoyo}"They were odd today, but they're usually nice guys. They said you should play with them again another time."
// <0355> ぶんぶんと首を横に振る。 // <0355> ぶんぶんと首を横に振る。
<0355> She shakes her head from side to side. <0355> She shakes her head.
// <0356> \{智代}「………」 // <0356> \{智代}「.........」
<0356> \{Tomoyo}"........." <0356> \{Tomoyo}"..."
// <0357> \{智代}「よし、気を取り直して、買い物にいこう。冷蔵庫がからっぽだ」 // <0357> \{智代}「よし、気を取り直して、買い物にいこう。冷蔵庫がからっぽだ」
<0357> \{Tomoyo}"Okay, cheer up, and let's go shopping. The fridge's is almost empty." <0357> \{Tomoyo}"OK, cheer up. Let's go shopping. The fridge is almost empty."
// <0358> \{とも}「うんー」 // <0358> \{とも}「うんー」
<0358> \{Tomo}"Uh-huh." <0358> \{Tomo}"Uh huh."
// <0359> ともが俺と鷹文を振り返る。 // <0359> ともが俺と鷹文を振り返る。
<0359> Tomo turns to Takafumi and me. <0359> Tomo turns to Takafumi and me.
// <0360> \{とも}「おにいちゃんとパパは?」 // <0360> \{とも}「おにいちゃんとパパは?」
<0360> \{Tomo}"What about Onii-chan and Papa?" <0360> \{Tomo}"What about Onii-chan and Papa?"
// <0361> \{智代}「あいつらは反省会だ」 // <0361> \{智代}「あいつらは反省会だ」
<0361> \{Tomoyo}"Those guys will reflect on what they've done." <0361> \{Tomoyo}"Those guys will reflect on what they've done."
// <0362> \{とも}「はんせい? わるいことしちゃったのー?」 // <0362> \{とも}「はんせい? わるいことしちゃったのー?」
<0362> \{Tomo}"Reflect? Did they do something bad?" <0362> \{Tomo}"Reflect? Did they do something bad?"
// <0363> \{智代}「ああ、とっても悪いことだ。いたいけな子供心をもてあそぶなんてな」 // <0363> \{智代}「ああ、とっても悪いことだ。いたいけな子供心をもてあそぶなんてな」
<0363> \{Tomoyo}"Yeah, something very bad. Like toying with an innocent child's emotions." <0363> \{Tomoyo}"Yeah, something very bad. Like toying with an innocent child's emotions."
// <0364> \{智代}「というわけで、残念だがふたりでいこう」 // <0364> \{智代}「というわけで、残念だがふたりでいこう」
<0364> \{Tomoyo}"It's unfortunate, but let's go by ourselves." <0364> \{Tomoyo}"It's unfortunate, but let's go by ourselves."
// <0365> \{とも}「しかたないねー」 // <0365> \{とも}「しかたないねー」
<0365> \{Tomo}"Oh well." <0365> \{Tomo}"Oh well."
// <0366> \{とも}「じゃあねー」 // <0366> \{とも}「じゃあねー」
<0366> \{Tomo}"See you later." <0366> \{Tomo}"See you later."
// <0367> ともが手を握ったり、開いたりする。 // <0367> ともが手を握ったり、開いたりする。
<0367> Tomo clenches and opens her fists. <0367> Tomo opens and closes her fists as a goodbye wave.
// <0368> 俺たちも同じようにして見送った。 // <0368> 俺たちも同じようにして見送った。
<0368> We saw her off similarly too. <0368> We see her off the same way.
// <0369> \{鷹文}「………」 // <0369> \{鷹文}「.........」
<0369> \{Takafumi}"........." <0369> \{Takafumi}"..."
// <0370> \{鷹文}「…反省会するの?」 // <0370> \{鷹文}「...反省会するの?」
<0370> \{Takafumi}"...Are we gonna reflect on what we've done?" <0370> \{Takafumi}"...Are we gonna reflect on what we've done?"
// <0371> \{朋也}「ぜんぶおまえが悪い。終わり」 // <0371> \{朋也}「ぜんぶおまえが悪い。終わり」
<0371> \{Tomoya}"Everything is your fault. End of story." <0371> \{Tomoya}"Everything is your fault. End of story."
// <0372> \{鷹文}「僕なんにもしてないんだけどさ」 // <0372> \{鷹文}「僕なんにもしてないんだけどさ」
<0372> \{Takafumi}"But I didn't do anything." <0372> \{Takafumi}"But I didn't do anything."
// <0373> \{朋也}「しかし…なんか最近この2対2の図が多くないか?」 // <0373> \{朋也}「しかし...なんか最近この2対2の図が多くないか?」
<0373> \{Tomoya}"However... Hasn't there been many of these two-versus-two scenes nowadays?" <0373> \{Tomoya}"But... haven't there been many of these two-versus-two scenes lately?"
// <0374> \{鷹文}「そりゃねぇちゃん、ともにべったりだもん」 // <0374> \{鷹文}「そりゃねぇちゃん、ともにべったりだもん」
<0374> \{Takafumi}"Well, Nee-chan and Tomo are as thick as thieves." <0374> \{Takafumi}"Well, Nee-chan and Tomo are thick as thieves."
// <0375> \{朋也}「恋人としては、危機的状況だぞ」 // <0375> \{朋也}「恋人としては、危機的状況だぞ」
<0375> \{Tomoya}"That's a critical situation for her lover." <0375> \{Tomoya}"That's a dangerous situation for her lover."
// <0376> \{鷹文}「まあいいじゃん。それまでべったりだったんだから」 // <0376> \{鷹文}「まあいいじゃん。それまでべったりだったんだから」
<0376> \{Takafumi}"Well, it's nice. Because they're that close to each other."* <0376> \{Takafumi}"Well, it's nice that they're that close."
// <0377> \{鷹文}「僕はねぇちゃんが幸せそうだったらいいよ」 // <0377> \{鷹文}「僕はねぇちゃんが幸せそうだったらいいよ」
<0377> \{Takafumi}"I'm okay with it if Nee-chan seems happy." <0377> \{Takafumi}"I'm OK with it if Nee-chan's happy."
// <0378> \{朋也}「おまえ、自分の姉が女として悦んでる姿を見るのが趣味だったはずじゃないか」 // <0378> \{朋也}「おまえ、自分の姉が女として悦んでる姿を見るのが趣味だったはずじゃないか」
<0378> \{Tomoya}"Dude, wasn't your hobby supposed to be seeing the visage of your own sister happy as a woman." <0378> \{Tomoya}"Dude, isn't it your your hobby to make your sister happy?"
// <0379> \{鷹文}「いや、そんな趣味ないから」 // <0379> \{鷹文}「いや、そんな趣味ないから」
<0379> \{Takafumi}"Well, I don't have a hobby like that, you see." <0379> \{Takafumi}"Well, I don't have a hobby like that, you see."
// <0380> \{朋也}「あのな、俺はともがやってきてから、してないんだぞ」 // <0380> \{朋也}「あのな、俺はともがやってきてから、してないんだぞ」
<0380> \{Tomoya}"You know, since Tomo came here, I haven't done it." <0380> \{Tomoya}"You know, since Tomo came here, I haven't done it with her."
// <0381> \{鷹文}「いや、そんなこと激白されても…」 // <0381> \{鷹文}「いや、そんなこと激白されても...」
<0381> \{Takafumi}"Well, even if it was made ultra-innocent..."** <0381> \{Takafumi}"Well, even if it was ultra-innocent..."
// <0382> \{朋也}「おまえ、手伝うって言ってたじゃないか」 // <0382> \{朋也}「おまえ、手伝うって言ってたじゃないか」
<0382> \{Tomoya}"Dude, didn't you say you'd give me a hand?" <0382> \{Tomoya}"Come on, didn't you say you'd give me a hand?"
//and suddenly Tomoya is a surfer - Sheeta
// <0383> \{鷹文}「何を?」 // <0383> \{鷹文}「何を?」
<0383> \{Takafumi}"With what?" <0383> \{Takafumi}"With what?"
// <0384> \{朋也}「エッチ」 // <0384> \{朋也}「エッチ」
<0384> \{Tomoya}"Sex." <0384> \{Tomoya}"Sex."
// <0385> \{鷹文}「…そんなこと言ったっけ?」 // <0385> \{鷹文}「...そんなこと言ったっけ?」
<0385> \{Takafumi}"...Did I say something like that?" <0385> \{Takafumi}"...Did I say something like that?"
// <0386> \{朋也}「言ったよ。それが僕にできる唯一の恩返しだって」 // <0386> \{朋也}「言ったよ。それが僕にできる唯一の恩返しだって」
<0386> \{Tomoya}"You did. "That's the only way I can repay you."" <0386> \{Tomoya}"You did. You said, 'That's the only way I can repay you.'」
// <0387> \{鷹文}「言ったかなあ。しかも恩ってなんだろ」 // <0387> \{鷹文}「言ったかなあ。しかも恩ってなんだろ」
<0387> \{Takafumi}"I wonder if I did. Moreover, in what ways am I indebted to you?"* <0387> \{Takafumi}"I wonder about that. Anyway, how am I indebted to you?"
// <0388> \{朋也}「ほら、勝手にパソコン置いて、占拠してるだろ」 // <0388> \{朋也}「ほら、勝手にパソコン置いて、占拠してるだろ」
<0388> \{Tomoya}"Look, you put the PC here, and occupied it as you pleased, didn't you?." <0388> \{Tomoya}"Look, you put the computer here and use it whenever you want, don't you?"
// <0389> \{鷹文}「いや、まあそうだけど」 // <0389> \{鷹文}「いや、まあそうだけど」
<0389> \{Takafumi}"Well, yeah, I guess." <0389> \{Takafumi}"Well, yeah, I guess."
// <0390> \{朋也}「な。今こそ、恩を返せ」 // <0390> \{朋也}「な。今こそ、恩を返せ」
<0390> \{Tomoya}"See. Pay your debts here and now." <0390> \{Tomoya}"See? Pay your debt right now."
// <0391> \{鷹文}「何をすればいいのさ。ねぇちゃんを羽交い締めにするとか?」 // <0391> \{鷹文}「何をすればいいのさ。ねぇちゃんを羽交い締めにするとか?」
<0391> \{Takafumi}"What should I do then? Bind Nee-chan's arms or something?" <0391> \{Takafumi}"What should I do then? Bind Nee-chan's arms or something?"
// <0392> \{朋也}「そんなのふたりがかりでも無理だ」 // <0392> \{朋也}「そんなのふたりがかりでも無理だ」
<0392> \{Tomoya}"Attempting that would be impossible, even with the two of us." <0392> \{Tomoya}"That would be impossible, even for the two of us."
// <0393> \{鷹文}「さっきは、僕たちふたりが担がれてたぐらいだからね」 // <0393> \{鷹文}「さっきは、僕たちふたりが担がれてたぐらいだからね」
<0393> \{Takafumi}"Because she just about carried us both earlier, huh." <0393> \{Takafumi}"She just about carried us both earlier, huh?"
// <0394> \{朋也}「なんか考えろよ、おまえ、そういうの得意そうじゃん。ゲーム作れるぐらいなんだからさ」 // <0394> \{朋也}「なんか考えろよ、おまえ、そういうの得意そうじゃん。ゲーム作れるぐらいなんだからさ」
<0394> \{Tomoya}"Think of something, dude, you seem to be best at that. So much that that you can make games, y'know." <0394> \{Tomoya}"Think of something. You seem to be good at that. So good that you can even make games."
// <0395> \{鷹文}「…関係なくない?」 // <0395> \{鷹文}「...関係なくない?」
<0395> \{Takafumi}"...That matters?"* <0395> \{Takafumi}"...What does that matter?"
// <0396> \{朋也}「ようはアイデア勝負ってことだよ。知恵だせよ」 // <0396> \{朋也}「ようはアイデア勝負ってことだよ。知恵だせよ」
<0396> \{Tomoya}"My point is, it'll be an idea game. Use your head."* <0396> \{Tomoya}"My point is, you need to think outside the box. Use your head."
// <0397> \{鷹文}「仕方のない人だなあ」 // <0397> \{鷹文}「仕方のない人だなあ」
<0397> \{Takafumi}"You give me little choice."* <0397> \{Takafumi}"You give me little choice."
// <0398> \{鷹文}「じゃあ、ともを利用することにするよ。今のあの人の弱みはそこだからね」 // <0398> \{鷹文}「じゃあ、ともを利用することにするよ。今のあの人の弱みはそこだからね」
<0398> \{Takafumi}"How about we use Tomo instead? Since her weakness now is her" <0398> \{Takafumi}"How about we use Tomo? Since she's now Tomoyo's weakness."
// <0399> \{朋也}「すげぇ悪知恵だな…」 // <0399> \{朋也}「すげぇ悪知恵だな...」
<0399> \{Tomoya}"Wow, how cunning..." <0399> \{Tomoya}"Wow, how cunning..."
// <0400> \{鷹文}「ともなら無力だからね。人質にとったら、ねぇちゃんに好き放題できるよ」 // <0400> \{鷹文}「ともなら無力だからね。人質にとったら、ねぇちゃんに好き放題できるよ」
<0400> \{Takafumi}"If it's Tomo, she'll be helpless. If we were to take her hostage, you'd be able to do everything you please to Nee-chan." <0400> \{Takafumi}"If it's Tomo, she'll be helpless. If we take Tomo hostage, you can do as you please to Nee-chan."
// <0401> \{朋也}「いや、そうかもしれないけどさ、それすげぇ卑劣だからさ」 // <0401> \{朋也}「いや、そうかもしれないけどさ、それすげぇ卑劣だからさ」
<0401> \{Tomoya}"Well, maybe so, but that would be really playing it dirty, y'know." <0401> \{Tomoya}"Maybe so, but that would be really playing dirty."
// <0402> \{鷹文}「どんなのがご所望で?」 // <0402> \{鷹文}「どんなのがご所望で?」
<0402> \{Takafumi}"So what is your desire?"* <0402> \{Takafumi}"So, what do you want?"
// <0403> 料理を作ってる最中の智代を後ろから // <0403> 料理を作ってる最中の智代を後ろから
<0403> To do Tomoyo from behind in the middle of cooking. <0403> To have sex with Tomoyo from behind while she cooks.
// <0404> 昼寝しているともの真横で声を殺して // <0404> 昼寝しているともの真横で声を殺して
<0404> Toned down, right beside a sleeping Tomo.* <0404> Tone it down and have sex with Tomoyo while Tomo sleeps.
// <0405> 所望しない // <0405> 所望しない
<0405> No desire. <0405> Nothing.
// <0406> \{朋也}「料理を作ってる最中の智代を後ろから」 // <0406> \{朋也}「料理を作ってる最中の智代を後ろから」
<0406> \{Tomoya}"To do Tomoyo from behind in the middle of cooking." <0406> \{Tomoya}"To have sex with Tomoyo from behind while she cooks."
// <0407> …答えてしまっている俺がいた! // <0407> ...答えてしまっている俺がいた!
<0407> ...And there I was, answering! <0407> ...And that's my answer!
// <0408> \{鷹文}「オーケー。そう指示するよ。そっちもうまくやってよね」 // <0408> \{鷹文}「オーケー。そう指示するよ。そっちもうまくやってよね」
<0408> \{Takafumi}"Okay. I'll direct you so. You break a leg too, okay?"*(need retranslation) <0408> \{Takafumi}"OK. I'll make it happen. Break a leg, OK?"
// <0409> \{朋也}「昼寝しているともの真横で声を殺して」 // <0409> \{朋也}「昼寝しているともの真横で声を殺して」
<0409> \{Tomoya}"Toned down, right beside a sleeping Tomo.*" <0409> \{Tomoya}"Have sex with Tomoyo while Tomo sleeps."
// <0410> …答えてしまっている俺がいた! // <0410> ...答えてしまっている俺がいた!
<0410> ...And there I was, answering! <0410> ...And that's my answer!
// <0411> \{鷹文}「………」 // <0411> \{鷹文}「.........」
<0411> \{Takafumi}"........." <0411> \{Takafumi}"..."
// <0412> しかも少し引かれた! // <0412> しかも少し引かれた!
<0412> And yet, it is even a bit attractive!* <0412> It's a little bit sexy!
// <0413> \{鷹文}「まあいいや、そう指示するよ。そっちもうまくやってよね」 // <0413> \{鷹文}「まあいいや、そう指示するよ。そっちもうまくやってよね」
<0413> \{Takafumi}"Well, okay, I'll direct you so. You break a leg too, okay?"*(Need retranslation) <0413> \{Takafumi}"OK. I'll make it happen. Break a leg, OK?"
// <0414> \{朋也}「う…」 // <0414> \{朋也}「う...」
<0414> \{Tomoya}"A..." <0414> \{Tomoya}"A..."
// <0415> のど元まで性癖丸出しのシチュエーションが出かかったが、髪の毛を掻きむしり、必死に堪えてみせる。 // <0415> のど元まで性癖丸出しのシチュエーションが出かかったが、髪の毛を掻きむしり、必死に堪えてみせる。
<0415> A situation where my tendencies as far as my throat lay bare had come, but I frantically let him see that I hold myself back, pulling at my hair.** <0415> I don't want to show him my true feelings, so I pull my hair to portray restraint.
// <0416> \{朋也}「うおぉぉぉ…」 // <0416> \{朋也}「うおぉぉぉ...」
<0416> \{Tomoya}"Aaaargh..." <0416> \{Tomoya}"Aaaargh..."
// <0417> \{鷹文}「ものすごい葛藤が見て取れるんだけど…」 // <0417> \{鷹文}「ものすごい葛藤が見て取れるんだけど...」
<0417> \{Takafumi}"Although, I can see it's a mind-boggling internal struggle..." <0417> \{Takafumi}"I can see it's a mind-boggling internal struggle..."
// <0418> \{鷹文}「選びきれないの?」 // <0418> \{鷹文}「選びきれないの?」
<0418> \{Takafumi}"Can't choose?" <0418> \{Takafumi}"Can't decide?"
// <0419> \{鷹文}「まあいいや、その時にまで考えといてね」 // <0419> \{鷹文}「まあいいや、その時にまで考えといてね」
<0419> \{Takafumi}"Well, okay, just think about it until then." <0419> \{Takafumi}"Well, OK. Just think about it for a while."
// <0420> 鷹文は本当にやる気のようだ。 // <0420> 鷹文は本当にやる気のようだ。
<0420> Takafumi looks like he's actually willing to do it. <0420> Takafumi looks like he's actually willing to do it.
// <0421> まあ、智代が相手だ。その時は訪れないだろうが。 // <0421> まあ、智代が相手だ。その時は訪れないだろうが。
<0421> Well, Tomoyo is the opponent. I doubt that it would actually happen. <0421> Well, Tomoyo is the opponent. I doubt it'll actually happen.
// <0422> \{智代}「ただいま」 // <0422> \{智代}「ただいま」
<0422> \{Tomoyo}"We're home." <0422> \{Tomoyo}"We're home."
// <0423> \{とも}「ただいまー」 // <0423> \{とも}「ただいまー」
<0423> \{Tomo}"We're home." <0423> \{Tomo}"We're home."
// <0424> ふたりが帰宅する。 // <0424> ふたりが帰宅する。
<0424> The two come home. <0424> They're back.
// <0425> \{智代}「反省したか?」 // <0425> \{智代}「反省したか?」
<0425> \{Tomoyo}"Have you reflected?" <0425> \{Tomoyo}"Have you reflected?"
// <0426> \{朋也}「ああ、したよ」 // <0426> \{朋也}「ああ、したよ」
<0426> \{Tomoya}"Yeah, we did." <0426> \{Tomoya}"Yeah, we have."
// <0427> \{鷹文}「僕が全部悪いことになったけどね」 // <0427> \{鷹文}「僕が全部悪いことになったけどね」
<0427> \{Takafumi}"We decided that everything's my fault."* <0427> \{Takafumi}"We decided that everything's my fault."
// <0428> \{智代}「なんだそれは?」 // <0428> \{智代}「なんだそれは?」
<0428> \{Tomoyo}"What's up with that?" <0428> \{Tomoyo}"What's up with that?"
// <0429> 俺は鷹文のケツを蹴っておく。 // <0429> 俺は鷹文のケツを蹴っておく。
<0429> I'll make sure to kick Takafumi's ass. <0429> I'll make sure to kick Takafumi's ass.
// <0430> \{とも}「なっとー!」 // <0430> \{とも}「なっとー!」
<0430> \{Tomo}"Natto!" <0430> \{Tomo}"Natto!」
// <0431> ともがスーパーの袋から、納豆のパックを取り出していた。 // <0431> ともがスーパーの袋から、納豆のパックを取り出していた。
<0431> Tomo had taken a pack of natto out of the supermarket bag. <0431> Tomo takes a pack of natto out of the grocery bag.
// <0432> \{とも}「みんな、なっとー、たべれるかなー」 // <0432> \{とも}「みんな、なっとー、たべれるかなー」
<0432> \{Tomo}"Everyone, natto. Maybe I can eat it." <0432> \{Tomo}"Everyone, we got natto. Maybe we're having that."
// <0433> \{朋也}「なんだ? ともは食べられるのか、えらいな」 // <0433> \{朋也}「なんだ? ともは食べられるのか、えらいな」
<0433> \{Tomoya}"What? So you can eat that, Tomo, huh. That's great." <0433> \{Tomoya}"What? So you can eat that, huh, Tomo? That's great."
// <0434> ともが話を逸らせてくれたのでありがたく便乗しておく。 // <0434> ともが話を逸らせてくれたのでありがたく便乗しておく。
<0434> I'll make sure to gratefully capitalize on Tomo's subject change. <0434> I make sure to capitalise on Tomo's subject change.
// <0435> \{とも}「うん、すごいでしょー」 // <0435> \{とも}「うん、すごいでしょー」
<0435> \{Tomo}"Uh-huh, amazing, isn't it." <0435> \{Tomo}"Uh huh. Amazing, isn't it?"
// <0436> \{智代}「だから今日は餃子にした」 // <0436> \{智代}「だから今日は餃子にした」
<0436> \{Tomoyo}"So, today I decided on gyoza." <0436> \{Tomoyo}"So today I decided on dumplings."
// <0437> \{朋也}「餃子に納豆?」 // <0437> \{朋也}「餃子に納豆?」
<0437> \{Tomoya}"Gyoza with natto?" <0437> \{Tomoya}"Dumplings with natto?"
// <0438> \{智代}「うん、納豆餃子だ。安上がりだしな」 // <0438> \{智代}「うん、納豆餃子だ。安上がりだしな」
<0438> \{Tomoyo}"Yep, gyoza-natto. Since it's cheap." <0438> \{Tomoyo}"Yep, natto dumplings. Since it's cheap."
// <0439> 想像もつかないが、智代のことだから、きっと美味しいんだろう。 // <0439> 想像もつかないが、智代のことだから、きっと美味しいんだろう。
<0439> It boggles my imagination, but it's Tomoyo we're talking about here, so I suppose it's sure to be delicious. <0439> It boggles my mind. But it's Tomoyo we're talking about, so I'm sure it'll be delicious.
// <0440> \{智代}「もうこんな時間か。楽しかったんで、つい長居をしてしまった」 // <0440> \{智代}「もうこんな時間か。楽しかったんで、つい長居をしてしまった」
<0440> \{Tomoyo}"It's already this late, huh. It was fun, so I unintentionally overstayed." <0440> \{Tomoyo}"It's already this late, huh? I was having so much fun, I've stayed longer than I meant to."
// <0441> \{智代}「すぐ作るから、待っていてくれ」 // <0441> \{智代}「すぐ作るから、待っていてくれ」
<0441> \{Tomoyo}"I'm going to make it right away. Please wait for it." <0441> \{Tomoyo}"I'm going to make it right now. Please look forward to it."
// <0442> 言って、台所に入っていく。 // <0442> 言って、台所に入っていく。
<0442> She says, and enters the kitchen. <0442> She says that and heads into the kitchen.
// <0443> ともも、ぴったりとその後ろについていく。 // <0443> ともも、ぴったりとその後ろについていく。
<0443> Tomo is following her into the kitchen too. <0443> Tomo follows her.
// <0444> 鷹文が入れ替わりに立ち上がる。 // <0444> 鷹文が入れ替わりに立ち上がる。
<0444> Takafumi stands up in their stead.* <0444> Takafumi stands up as they exit.
// <0445> 何かを心に決めた男の表情だ。 // <0445> 何かを心に決めた男の表情だ。
<0445> It's the expression of a man who's set his heart on something. <0445> He wears the expression of a man who has set his heart on something.
// <0446> そのまま無言で表へと出ていった。 // <0446> そのまま無言で表へと出ていった。
<0446> Like that, in silence, he steps outside. <0446> In silence, he steps outside.
// <0447> すぐ戻ってくる。 // <0447> すぐ戻ってくる。
<0447> He comes back in before long. <0447> Before long, he comes back in.
// <0448> \{朋也}「うぉぉ…こわいぞ、おまえ…」 // <0448> \{朋也}「うぉぉ...こわいぞ、おまえ...」
<0448> \{Tomoya}"Whoa... You're scary, dude..." <0448> \{Tomoya}"Whoa. You're scary..."
// <0449> その鷹文の顔は紙袋で覆われていた。前面にはふたつの穴が開いていて、とりあえずそれで視界は確保してあるようだ。 // <0449> その鷹文の顔は紙袋で覆われていた。前面にはふたつの穴が開いていて、とりあえずそれで視界は確保してあるようだ。
<0449> That face of Takafumi's was covered by a paper bag. Two holes has been cut out in front. It appears it's done to ensure his vision for the time being. <0449> Takafumi's face is covered by a paper bag. Two holes are cut out of the front. Looks like he did that so he could see.
// <0450> そのまままっすぐに台所へ。 // <0450> そのまままっすぐに台所へ。
<0450> Like that, he immediately heads to the kitchen. <0450> Just like that, he heads into the kitchen.
// <0451> ともの背後に膝をつくと、その首に腕を回した。 // <0451> ともの背後に膝をつくと、その首に腕を回した。
<0451> Once he knelt down to Tomo's back, he put his arm around her head. <0451> He kneels toward Tomo and puts his arm around her head.
// <0452> \{とも}「わあ」 // <0452> \{とも}「わあ」
<0452> \{Tomo}"Whoa." <0452> \{Tomo}"Whoa!」
// <0453> ともが悲鳴をあげる。 // <0453> ともが悲鳴をあげる。
<0453> Tomo shrieks. <0453> Tomo shrieks.
// <0454> \{智代}「どうした、とも?」 // <0454> \{智代}「どうした、とも?」
<0454> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?" <0454> \{Tomoyo}"What's wrong, Tomo?"
// <0455> \{鷹文}「動くなあっ! 一歩でも動いたら」 // <0455> \{鷹文}「動くなあっ! 一歩でも動いたら」
<0455> \{Takafumi}"DON'T MOVE! If you take one step...!" <0455> \{Takafumi}"DON'T MOVE! If you take one step...!」
// <0456> その時、彼は死を覚悟したという。 // <0456> その時、彼は死を覚悟したという。
<0456> At that moment, he says he's prepared to die. <0456> In that moment, he says he's prepared to die.
// <0457> 空を切って唸りをあげる智代の右足。 // <0457> 空を切って唸りをあげる智代の右足。
<0457> Tomoyo's foot roars through the air. <0457> Tomoyo's foot roars through the air.
// <0458> ばきいいぃぃぃぃーーーーーっ! // <0458> ばきいいぃぃぃぃーーーーーっ!
<0458> SLAAAAAAAAAAAAAAAAAM! <0458> SLAAAAAAAAAAAAAAAAAM!
// <0459> \{智代}「まったく…開いた口がふさがらない」 // <0459> \{智代}「まったく...開いた口がふさがらない」